「かしこい子供の親の共通点からみる」シンプル子育て方法を学ぼう!!

生活・社会

「かしこい子供」に共通する親が持つ特徴とは?

子育てを難しく考える必要はありません。

それは子供は親の背中を見て育つからです。

「穏やかである」「干渉しすぎない」「コミュニケーション能力が高い」

子供を見過ぎず、自分の言動に意識を向けていきましょう。

「かしこい子供」とひと口に言っても、話すのが上手な子、物覚えがいい子、深く考えられる子、頭の回転が速い子など、さまざまです。

しかし、そのような各分野においてかしこいと評価される子供の親にはいくつかの共通点、特徴があるようです。

1.親が余裕を持っている

小さい子供は、とにかく注意したいことばかりです。

そこでついつい声をあらげていませんか?

落ち着いた優しい口調で接することが出来ているでしょうか?

それができない親の子供が人を許し、穏やかで、おおらかに育つことができるでしょうか?

無理ですよね。

「すごいね!」「大丈夫だよ」「ちゃんとできたね」と前向きな言葉を親がかけてあげれば、子供はのびのびと過ごし、本来の能力をいかんなく発揮できるでしょう。

2.干渉しすぎない

親が待つ力がなかったら、どうなるでしょう。

子供は自分で考えて行動する前に「できちゃってる」状態になっています。

何でもかんでも1から10まで手取り足取りならって、大人になってうまくやっていけるでしょうか?

創造性を奪ってはいけません。

自由に創造的に毎日に彩りを作ろうと親がしていれば、子供も人生を楽しむ工夫を自発的にするものです。

3.コミュニケーション能力が高い

大人にとっても、生きる上で、一番大切な能力だと思います。

語彙力、トークの抑揚、話のまとめ方、学ぶことは真似ることから始めると言われますが、生まれて子供にとって一番のコミュニケーション能力の先生は親なのです。

適切な笑い方、状況に応じた対応など子供は親の姿を見て、真似ながら育つのです。

 

まとめ・・・

子供を賢くしたい、頭良くしたいと思えば、自分を磨くことです。

夫婦で良くコミュニケーションをとり、連携しながら子育てを楽しむことです。

子供は親の対応に非常に敏感です。

夫婦同士のコミュニケーションをまずは気をつけ、穏やかに毎日を大切に生きていくことです。

難しく考えず子供の能力を信頼してあげましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました