【施設ケアマネ業務】老人保健施設のケアマネジャーの仕事内容とは?

福祉・医療

介護支援専門員の資格を取得してケアマネジャーとして働く職場を探している人は、介護老人保健施設の求人情報が気になっているのではないでしょうか?そして、これまで介護老人保健施設との関わりが少なかった場合、不安を感じているのではないでしょうか?

この記事では、介護老人保健施設のケアマネジャーの仕事内容等について詳しく説明していきたいと思います。

介護老人保健施設(老健)とは?

介護老人保健施設とは、入所してる要介護度1以上の高齢者に医療、リハビリテーション、介護、食事などを提供する施設です。介護施設の中では『在宅復帰を目指す施設』としての役割を担います。

介護老人保健施設の人員配置基準

介護老人保健施設では、以下のように人員を配置することが定められています。

【介護老人保健施設の人員配置基準】

職種 人員配置基準
医師 常勤1人以上(入所者の数を100で除した数以上)
薬剤師 実情に応じた適当数(入所者の数を300で除した数が標準)
看護職員 介護職員と合わせて入所者3人に対して1人以上(看護・介護職員の7分の2が標準)
介護職員 看護職員と合わせて入所者3人に対して1人以上(看護・介護職員の7分の5が標準)
支援相談員 常勤1人以上(入所者の数が100人以上の場合は、超えた人数を100で除した数以上)
リハビリ専門員
(理学療法士または作業療法士または言語聴覚士)
常勤換算で入所者の数を100で除した数以上
栄養士 入所定員100以上の施設は1以上
介護支援専門員 常勤1人以上(入所者の数を100またはその端数を増すごとに1を標準)
調理員 実情に応じた適当数
事務員 実情に応じた適当数

介護老人保健施設で働くケアマネジャーの仕事内容とは?

介護老人保健施設のケアマネジャーの主な仕事内容は入所者の『ケアプランの作成・管理』です。これは、どの職場でもケアマネジャーとして働くときには共通する役割となっています。

具体的な仕事内容としては、入所者の状況や希望を把握するための情報収集や面談、在宅復帰を目的とした視点でのケアプラン作成、医師をはじめ多職種が参加するカンファレンスへの参加、入所者とその家族へのケアプランの説明、入所後のサービスを受けている状況の確認、退所時の居宅介護支援事業所や老人ホームなどのケアマネジャーとの連携などを行います。

またそれ以外にも、介護報酬の給付管理や請求業務なども行っています。



居宅介護支援事業所と介護老人保健施設の仕事内容の違いとは?

ケアマネジャーの代表的な職場として『居宅介護支援事業所』が挙げられます。ここでは居宅介護支援事業所と介護老人保健施設の仕事内容の違いについて説明します。

居宅介護支援事業所は、在宅で生活する高齢者のケアプランを作成する事業所です。そのため、利用者宅を訪問して面談し、利用者の状況や希望を把握するためのアセスメント、ケアプランの原案作成、介護サービスを提供する介護事業所の担当者とのサービス担当者会議の開催、サービス担当者会議での意見を踏まえたケアプランの修正、利用者・家族へのケアプランの説明・交付、サービスの利用状況の確認、必要に応じて再アセスメント、介護報酬の給付管理のために担当する利用者が利用する介護事業所との情報共有などを行います。

介護老人保健施設と居宅介護支援事業所を比較すると、介護老人保健施設は、働いている施設が介護サービスを提供しているのでモニタリングの頻度が多いこと、状態の変化を把握してから介護サービスの調整までが早いこと、施設の医師から医学的な情報や看護職員やリハビリ専門職からのアドバイスをタイムリーに得られることが特徴として挙げられます。一方、居宅介護支援事業所は、他の介護事業所との情報共有の機会が多いこと、給付管理に関わる業務量が多いこと、外出の機会が多いことなどが挙げられます。



介護老人保健施設で働くケアマネジャーの勤務時間と一日の流れ

ケアマネジャーの勤務時間は『9:00~18:00』などの時間が一般的です。これは、関係機関との連絡や入所者とその家族との面談などの業務があることから日中の時間帯になっているようです。

【老健のケアマネジャーの1日の流れ】

8:30 出勤、ミーティング
9:00 関係機関への連絡
9:30 入所者のアセスメント・モニタリング
12:00 休憩
13:00 ケアプラン作成、事務業務
15:00 入所者・家族との面談、ケアプランの説明
16:30 サービス担当者会議
17:30 退勤

介護老人保健施設で働くケアマネジャーの給料

厚生労働省の『平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果(第85表)』によると、介護老人保健施設のケアマネジャー(介護支援専門員の有資格者)の平均給与月額は『371,850円』となっています。

また東京都の実際の求人情報を確認すると、介護老人保健施設のケアマネジャーの給料は、月額21~42万円、ボーナスなどを含めて計算した年収は350~500万円となっていました。

介護老人保健施設のケアマネジャーのやりがいや苦労

ここでは、介護老人保健施設のケアマネジャーの仕事のやりがい・魅力や仕事で大変・苦労を感じることをご紹介します。

やりがいや魅力

介護老人保健施設のケアマネジャーの仕事のやりがいや魅力として以下のような意見があります。

【仕事のやりがい・魅力】

・在宅復帰に向けた前向きなケアプランの作成にやりがいを感じる

・退所する時の入所者と家族の笑顔にやりがいを感じる

・医師、看護職員、リハビリ職に必要な情報を的確に伝えることができ、自身の成長とやりがいを感じた

・ベッド回転率など具体的な数字の目標があり、それを達成することで仕事のやりがいを感じる

大変なことや苦労

介護老人保健施設のケアマネジャーの仕事の大変なことや苦労を感じることとして以下のような意見があります。

【仕事の大変なこと・苦労】

・施設の規模が大きく、取り扱う情報量や業務量が多くて大変

・医療職の意見と介護職の意見に板挟みになるのに苦労した

・入所を継続したいという希望を断らなくてはいけない時が大変



まとめ

『在宅復帰』という役割を持つ介護老人保健施設では、ケアマネジャーとしてのスキルアップに結びつく経験を積むことができます。施設の規模や運営法人の理念・運営方針などによって、給料、人材育成の取り組み、福利厚生などの労働環境や労働条件は様々ですが、皆さんの希望する条件を満たす職場がきっとあるはずです。

最後までお読みいただきありがとうございました。



コメント

タイトルとURLをコピーしました