合格率が爆上がり!!【社会福祉士】勉強法 

社会福祉士

社会福祉士の国家資格に向けて、テキストを読んで、問題集をやって1か月経って、頭に何にも入っておらずポカーン。

何だったのこの1か月。

そうならないために正しい勉強法を教えていきます。

まずは全体を把握する

中央法規など、全体をまとめてあるテキストを購入し、1ページ目から覚えようとせずに、目次からざっと目を通していきます。

そうすることで流れで覚えたり、場所、固まりで覚えられ、後々の勉強に対しても細部の理解がスムーズに出来てます。

時間を管理する

意志や根性では、勉強に集中することはできません。

そうせざる得ない環境を作るのです。

図書館に行くのもいいでしょう。

一番いいのは時間を決めて、例えば30分タイマーをセットし、全ての誘惑を整理し、スタートしタイマーがなるまでは集中して勉強する。

少し休んでまたタイマーを使用する。

これは頭の回転を早くしたいトレーニングにも使えます。

頭の回転が早い人って憧れますよね。

脱線しますが、数独やクロスワード(なんでもいい)を時間を決めてやるトレーニングをすると頭の回転が早くなります。

頭の回転が早いとは、より早く正確な判断が出来るということです。

テキストは無理をせずに図形があったり、分かりやすい。

手に取って、楽しそうなものにしましょう。

最近は動画や、音声でも学べるものがいくつかあるので、スキマ時間を狙い効率よく学んでいきましょう。



アウトプットする

声に出して覚えたい事柄を身振り手振りも交えて説明したり、人に話したりすると理解が深まりますし、ある程度、頭に入ってないと説明もできないはずです。

仕事している途中、車に一人で乗っているときなんかに、一つのお題について声に出して説明するのはいい学習法です。

継続する

まとめて一気にやろうとかは、全く思わない方がいいです。

トイレに入っている間に過去問を1問する。

移動時間に単語を一つ覚える。

ちょっとずつ、ちょっとずつ毎日コツコツやってください。

もちろんまとめて1.2時間することも大切ですが、半年かけて焦らずじっくりやっていきましょう。

時間帯を意識する。

仕事をしている人は30分だけでも早く起きて勉強できれば合格間違いなしです。

朝は脳がリセットされており、一番頭がスッキリしていますので、オススメです。

そして、寝る前に勉強する。

睡眠中に記憶は定着しますので、夜寝る前に勉強することは非常に効率的です。

声を出しながら勉強する

まず目が覚め、集中力ややる気が出ないときはいい方法です。

テキストを黙読ばかりしていては、ストレスも溜まります。

視覚、聴覚、言語化することで五感をフルに使うので、理解を深める事が出来ます。

その声を録音して空いている時間に聞いてもいいでしょう。



仲間をつくる

1人で勉強すると不安になったり、やる気が落ちたり、ストレスも溜まります。

仲間を作り情報交換しながら、モチベーションを上げていきます。

気をつけなければならないのが、良い仲間をつくることです。

ラスト1か月は?

問題集を一つに絞り、どんどん解答を見て、必要な箇所だけテキストをみましょう。

それを何回も繰り返します。

仕事をしながら、国家資格に挑む人もたくさんいると思います。

正しい勉強法で、合格することを願っています。



 

コメント

タイトルとURLをコピーしました