【若い時にやるべきこと】遊んだ人と遊ばなかった人の違いはあるのか?子供への影響は?

お悩み

コミュニケーション力に影響がある?

そもそも遊ぶ/遊ばないというのは、どんな意味があるのでしょうか。

遊び人といえば、異性にだらしがない人という印象を与えますし、「あの人は遊んでいる」などと言われるのも、やはり性的な経験が豊富なことを暗にほのめかしています。
そんなところから、遊ぶ/遊ばないといえば、男女の関係における火遊びを連想する人が多いのでは。

しかし、単に「遊ぶ」とだけ言った場合、友達と旅行に行ったり、趣味に没頭したりと、気持ちをリラックスさせたり、自分を楽しませる意味もあります。

仮に、男女関係の『遊び』以外に、そうした友人関係や趣味の交流も含めたとして、遊ぶ人と遊ばない人の違いは果たしてどこにあるのでしょうか。

まず考えられるのは、“コミュニケーション能力”の差かもしれません。
たとえば友達や知り合いと会って遊ぶだけでも、付き合う人が増えれば、それだけ交友関係は広がっていくはず。

初めて会う人とどんな話をして、どう仲良くなっていくのか。そこには当然、コミュニケーションが必要になってきますし、知り合う人が増えるほど、自身の“コミュ力”は磨かれていくでしょう。
趣味もそれと同じです。

ひとりでできる趣味よりも人と関わる趣味を持つことで知り合いは増え、人と会ったり話したりすることが「楽しい」と、前向きに感じられるのではないでしょうか。

格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─

異性として魅力的に映る?

人とのコミュニケーションを「楽しい」と感じられると、それだけ「人が好き」になり、人と関わることに抵抗感がなくなってくるように思います。

そうなると、フットワークも軽くなり、話題も豊富になって、恋をする相手としても魅力的に感じられるのではないでしょうか。

「話していて楽しい」と感じられるのは、異性としてとても魅力的なポイント。
同性・異性問わず印象に残りやすくなりますし、いい出会いも増えると思います。

【人格・運命を変える】あなたの人生を豊かにする、8つの良い習慣!!

お店や遊ぶ場所、気分にも大きな差が?

男女関係の遊びでも友達や知人との遊びでも、より遊んでいる人のほうがシチュエーションに適した飲食店や遊ぶ場所を知っているイメージがあるのは偏見でしょうか。

遊びにいった実体験や、それに基づく経験からデートの際もデートプランが立てやすく、引き出しが多いぶんいいお店に案内できそうです。

ほかにも内にこもらず外で遊ぶことによってリフレッシュでき、気持ちのコントロールが上手くなるという特徴もあるでしょうか。

ひとりで内にこもっていると、どうしても閉鎖的になりがちですし、行き詰まったときの気持ちの切り替えがうまくいかないなんてことも。

気分転換になる趣味や仲間たちとの交流でリフレッシュできれば、気持ちは前向きになるでしょうし、恋愛にもプラスに働くことが多いのでは?

トレンドアイテム60万点以上 | ファッションブランド【SHEIN】

遊ぶことの大切さ

必ずしも遊んでいることばかりが良いとは言えません。遊んでいない人には遊んでいない人なりの、たとえば誠実さや優しさ、真面目さといった魅力もあるでしょう。

 

しかし、自分のプラスになる遊びを見出し交流や世界を広げていくことも、恋をするときには役立つはず。相手選びや、自分の魅力を高めるためにも、遊ぶことは大切だと思います。

おばあちゃん、おじいちゃんになってもモテる人、モテない人!!

若い時に遊ばない反動!?

若いときに全然遊ばなかった人が、大人になってから遊びの楽しみを知ると、足を抜くことができなくなる。

これは、周囲でも実例がありますし、よく聞きます。

若いときに経験した快楽ってのは、年を重ねると共に、精神的な落ち着きと共に、収まってくるようになると思われます。

ところが、ある程度成熟した後では、精神的な成長が衰えており、精神的な落ち着きと共に収まるということは、期待できなくなるのではないでしょうか。

また、対応力が衰えてくることもあって、沸き起こる欲求に対する処理法が確立できないケースが多いようです。

しかし結局は、お付き合いの人数は全く関係なく、今 現在のお相手をどれだけ愛しているかではないでしょうか?

極端な話し、お付き合いの人数がいたとしても、心から愛した事のない人は、取っ替え引っ替えしますよ。その方の性格、考え方の方が強いと思います。



親の交友関係は子供にも影響する

母親の交友関係のの広さと、子供の交友関係の広さは同じであるという研究もあります。

また、友達と楽しく上手に会話ができる子は、友達関係もうまくいくことが多いです。では、会話力を身につけさせるにはどうしたらいいのでしょうか。

「我が子の話し方を聞いていて、自分に似てきたなと思ったことはありませんか? 長年一緒に生活している家族なら、似てくるのも当たり前です。そして、話し方が似てくると同時に考え方も似てくるということを、親は頭に入れておくことが大切です。」

「脱いだ靴はそろえないといけないんだよ」「先に手を洗わないとダメだよ」というように、「ない」や「ダメ」などの否定的な言葉が入った言い方を親にされると、それが体に染みついてしまいます。否定的な言い方が口ぐせになっている子は、友達といい関係を作りにくくなる傾向があるそう。

親は、日頃から『脱いだ靴をそろえておくと気持ちがいいよね』『先に手を洗うとすっきりするよ』と肯定的な言い方ができるように努めてください

そう心がけていれば、子どもとともに、否定的な口ぐせも直ることでしょう。また、子どもをほめることも心がけてほしいです。親にほめられている子は友達をほめるようにもなるので、いい友達関係を作ることができるようになります。」



コメント

タイトルとURLをコピーしました