全人類1%、左利きのAB型は、どんな人なのか?将来の展望がわかる!!

生活・社会

左利きでAB型の有名人

左利きのAB型って日本では1%しかいないんです。

職場の息子さんがそうなんですけど、私の周りではその子しかいません。

 

あまり聞くこともないのでわからないんですけど正直(笑)。

そんな左利きAB型の有名人は、こんな方々です!

 

  • 星野源
  • 百田夏菜子
  • 小池栄子
  • 水卜麻美
  • 坂本勇人
  • 名波浩
  • 本田圭佑
  • 澤穂希

 

もし自分が運動神経が良くて、

 

生れてきた子供がAB型の左利きであれば、

 

サッカーをやらせてください。

 

なぜなら、真の日本でトッププレーヤーが3人もいるんですから、

  • 名波浩
  • 本田圭佑
  • 澤穂希

 

サッカーに向いている、メンタル、空間認識力、独創性、こだわりが強い部分など、

 

全て持ち合わせているからです。是非オススメします。

 

野球では坂本勇人もいるんですが、上の3人に比べると、

 

凄いですけど、向いている血液型、左利きとまでいかないので、サッカーをやらせてみると

 

大成するかもしれませんよ!?

左利きの人はメンタルが強い

左利きの人は、右利きの人より7年早死にすることがわかっています。

 

生活する中でストレスに常にさらされているからです。

 

この右利きの世界で、左利きの人はさらされるストレスが違うのです。

 

だから、ちょっとしたことではへこたれない性格に自然となっていきます。

 

色々工夫することも多いでしょう。

 

頭を使い神経をそれだけ使っているのです。

左利きの人は独創的である

右の脳が損傷すると左半身麻痺になります。

 

反対に左の脳が損傷すると右半身麻痺になります。

 

左半身を動かすときには右脳、右半身を動かす時は左脳を使います。

 

ハッキリとは別れてはいないんですが、

 

左脳は言語で理屈で考える、右脳はイメージで物事を考えます。

 

根本的な考え方が違うのです。

 

左利きは日本で10%と言われているので、独創的というか、感覚的に違うのは当たり前なのかもしれません。

 

私は右利きなので、左利きの人の思考はわかりませんが、考え方がちがうので、

 

独創的なように見えてしまいます。

 

しかも、左利きの人の中の多くは、実は両利きという人が多いんです。

 

 

世間ではほとんどのものが右利き用に作られているために

厳密にいうと、両利きになってしまうという考え方があっているかも知れません。

昔だと、矯正されることも多かったですし。

 

そして両利きとなると、右脳と左脳を

バランスよく使い分けている、ということになります。

 

大事なのは右脳と左脳をつなぐ脳梁という部分なんですが、

 

バランスよく使うことでさらに強化され、喋りがうまい人も多いですよね。

 

イメージを言語化できるんです。

なので独創的であり他の人と違って見えるわけです。


天才肌のAB型

AB型も左利きと同じで、

日本では全体の10%の割合です。

 

AB型のイメージって何ですか?変わり者、二面性があり天才肌って感じですかね。

 

将棋界では羽生善治がAB型、お笑いの天才、島田紳助がAB型です。

 

やはり2名しか例を挙げていませんけど、天才肌ですよね。

 

あと感情が非常に表に出やすいというのも特徴かなと思います。

 

これは私の経験ですけども、結構感情を表に出す人が多いですね。

 

AB型の人は、隠してても漏れ出ちゃうみたいな。

 

うちの職場めちゃくちゃAB型多いんで、少ない統計ですけどね。

 

あと話をしていても、常に自分が何を話そうかを考えている人が多い気がしますね。

 

話が一気に飛びますし、その辺はA、O型の人にはないのかなと思いますね。

 

B型は正直よくわかりません(笑)。

 

必ずどんな話でも自分のフィルターに通して話すのがB型ですね。

 

自分に置き換える感じです。

左利きAB型の人の性格

・独創的

頭の中では常に色々なことが頭をめぐっています。

これは右利き、AB型が少ない世界で生きてきた習慣ですよね。

考えないと不便で生きていけない。

ついていけない。

常に考えて生きているわけなので

だからアイデアをひらめくことも多いです。

・こだわりがある

これは、頭の良し悪しを言っているわけではありません。

左利きのAB型は、ものごとの本質的なことに

こだわりを持つ特徴があるんです。

なので、周りが当たり前のこととして理解していることも、

深く掘り下げて考えてしまう。

サッカーの名波弘や、本田圭佑など見ているとわかりますよね。

考えて行動する習慣がついているんですよね。

・理解したら応用力がすごい

基本的なことを疑問に思い、

考え過ぎてしまう。

左利きのAB型は、

いちど理解してしまえば、かなり応用がきき、

得意なひらめきもあります。

人が思いつかないようなことを考えだしたり、

逆に人があまり理解できないことを

理解するのが得意だったりもします。

澤穂希が「人に教えるのは得意じゃない。だってそこにボール落ちてくるじゃんという感覚をどう伝えていいのか分からない。」と

中村俊輔との対談で話していたが、感覚派なんですよね。

自分では理解しているんです。

・人を盛り上げるけど友達は少なめ

左利きのAB型は一人の時間、一人の世界を大事にします。

でも、友達といればその場を盛り上げようとして、

明るく楽しく振る舞い努力します。

友達付き合いは、狭く深くなる傾向にあります。

・ボーっとしている

これ、ボーっとしているのではなく、

ボーっとしているように見えてしまうだけです。

本当は、頭の中で色んなことを考えて、

思考を張り巡らせているんです!

しかも、それが他の人よりも多い!

それが、

ボーっとしているように見えてしまうんですね。

まとめ

希少であり、ちょっと特異な印象を持つ、

左利きab型の人のイメージは、

「天才で変人」です。

これは、とても良い意味で捉えていいのではないでしょうか!

こうしてみると、

やっぱり芸術家肌のような気がしますね。

1万人の脳を見た名医が教える すごい左利き 「選ばれた才能」を120%活かす方法【電子書籍】[ 加藤俊徳 ]

価格:1,287円
(2022/5/14 17:54時点)
感想(1件)

コメント

タイトルとURLをコピーしました