「「無敵」のメンタル 」を手に入れよう!!

お悩み

光だけでなく闇も享受した方が人はより輝ける

称賛だけでなく批判も味わう方が人はより輝ける。たとえあなたがどんなに辛い人生を歩もうと、これまでの人生で起こった出来事は将来のあなたの人生が光り輝くことに繋がっていく。
自分は弱いから無理だと思っているかもしれない。でも、あなたは辛いことも悲しいことでも必ず乗り越えられる。考え方ひとつで何も無理することなくメンタルは強くできるのだから。
今回は文筆家である千田琢哉先生の無敵のメンタル自由自在に切り替わる46の心のスイッチを解説していきたいと思います。さて皆さんは無敵のメンタルを手に入れることができるとしたらいかがでしょうか?そんなもの欲しくないよという人はほとんどいないかと思います。
メンタル強化において非常に勉強になった一冊をご紹介します。著者は十万人に一人と言われるレベルのまさに無敵のメンタルをお持ちである千田先生ですこの一冊は様々な不安や心配事、辛さや苦しみを抱えながら生きている皆さんにとって大きな力なるはずです。
著者は全身の精密検査を行った結果データ中のストレス耐性度という項目が偏差値90オーバーの10万人に1人のメンタルの強さを意味します。
ストレス耐性度が高く算出された理由として著者が思い当たったのが読書出すそうです。学生時代に1万冊もの書籍を読破した結果、著者はある事実に気付いたと言います。それは自分の人生に起こる全ては将来のネタになるということをその瞬間から著者に無敵のメンタルが宿ったんです。
本書で取り上げられている46の心のスイッチ。つまりあなたを変える46の事実を知り、著者のように実行して行けばもっと強く、そしてより気楽に生きていけるようになるはずです。とても勉強になる一冊でしたので、この本に興味を持っていただきましたら是非一度お手にとって勉強されてみてください。
本日のお品書きは次の通りです1件で考え方を変えればメンタルは強くなるんだということを2件であなたのメンタルを強くする事実人間関係変について3件であなたのメンタルを強くする事実人生辺について解説していきたいと思いますそれでは早速一幻の考え方を変えればメンタルは強くなるから解説をスタートしていきましょうかさて

考え方を変えればメンタルは強くなる

冒頭で申し上げた通り10万人に1人の無敵メンタルであると診断された著者ですが、かつては何と臆病者だったそうです。

そんな状態からこのように大きな変貌を遂げることができたのはなぜなのか?他の臆病者とは何が違ったのかそれは考え方を変えたということでした。
あなたは今臆病者でしょうか?もしも、自分が臆病者であることを恥じていて著者のように強く変わりたいと思っているのであればその恥らう気持ちは捨てた方が良いでしょう。臆病であることを恥じる必要はなくむしろ誇りに思っていいんです。著者の言葉をお借りすると臆病者とは実は頭が良く想像力が豊かな人間のことです。
臆病なことは繊細で頭脳明晰である証拠なんですというよりは頭脳明晰で神経が研ぎ澄まされ想像力豊かな人間が結果として臆病者になるんです。なんでも著者が出会ってきた長期的な成功者たちが揃いも揃って臆病者だったそうです。
彼らはもともと常軌を逸するほどの臆病者であるにも関わらず熟考の末に思い切って決断を下しただからこそ結果的に偉大なことを成し遂げられたのでしょう。あなたも臆病者であることに誇りを持っていいんです。ただ誇りを持ったとしても何もせずに動かないままでは単なる意気地なしで終わってしまいます。ですからそれを生かすということがポイントなんです。自分の臆病さを生かすことによって自分の才能に恩返しをした時あなたの人生は大きく変わるかもしれません。まずは臆病者の自分はなんてダメだという考えは捨てて頂いて臆病者の自分には才能があるんだと知ることです。そしてこれから知っていく事実を実行するだけの勇気を持つことです。
もしあなたがサラリーマンもしくはこれからサラリーマンになる人であれば様々な悩みや不安を抱えているのではないでしょうか?ちゃんと自分はやれるだろうか営業ノルマを達成できなかったらどう
しようとか企画したものがことごとく外れてしまったらどうしよう。周りよりも出世が遅れたら嫌だな。しかし、次の事実を知っておくだけでメンタルが強くになります。
それはサラリーマンはクビになるだけだということ。例えば、先ほどのような心配事がすべて現実になってしまったとしてもあるいはもっと大変な失敗をしてしまってもあなたは逮捕もされなければ夜逃げもしなくていいんです。そもそもサラリーマンは会社から給料をもらい勉強までさせてもらえるという恵まれた存在です。ずっとサラリーマンをしてきたかたはサラリーマンの世界以外を知らないため辛く感じているかもしれませんが実は恵まれた環境にいるんだと著者は言うんです。著者も以前はサラリーマンの経験があるそうです。そしてサラリーマンという立場にどれだけ感謝してもしきれないと述べています。そして感謝とともにもっと貪欲に、そのチャンスを活かせばよかった。
もっと貪欲に学べばよかった、もっと果敢に挑戦すればよかったと言った反省や後悔の気持ちもあるそうです。将来あなたは独立するかもしれないしサラリーマン人生を全うするかもしれません。ただ今サラリーマンをやっているのであればその事実には感謝をした方が良いでしょう。いくらでも勉強し放題。挑戦し放題、そして失敗し放題、大きな犯罪に手を染めるような場合を除きどれだけの失敗があったとしてもあなたが辞表を出すことで解決する。この恵まれた環境を生かしてどんどんチャレンジするべきです。失敗を恐れたり将来を悲観したりする必要は全くありません。ただしこれが経営者となるとそうもいかなくなるんです。独立してからサラリーマンのように勉強しようものなら膨大な時間とお金がかかってしまいます。挑戦するには膨大な出費と勇気が必要となってしまいます。
そして、失敗するとこれまで頑張って頑張って貯めてきた貯蓄が一瞬で吹き飛んでしまうんです。やはりサラリーマンというのはこう考えれば恵まれた存在なのでしょう。たとえ自分が入りたかった会社に入れなかったとしても仕事が想像していた以上に辛くても雇ってくれた会社に感謝すべきです。もちろん精神に異常をきたすほどに耐えられない辛い環境なのであればその時はすぐに逃げて OK

人前に出ることが苦手

大きな裏切りも小さな裏切りも合わせると断続的におこります。特にビジネスにおいて小さな裏切りというのは多いです。約束した期日までにお金を振り込まない社外の人間。約束した通りに仕事をやらない社内の人間。しかし、裏切りが起こった後に間違いなくついてくる事実があります。それは人を裏切った相手はその後例外なく落ちぶれるということ、そして裏切られた人はふてくされさえしなければ運気が上昇するということを著者は自身に起こった複数の裏切りを事細かに追跡調査したことがあり、その結果はこれに一致したと言います。
調査を行ったのは自身が読んだ本の教えが本当かどうかを確かめるためだったそうです。あなたにも裏切った後に状況が悪くなったという思い当たる人物がいないでしょうか?そしてあなた自身は信頼していた人からの裏切りを経験した後に良い出会いが、など物事が良い方向に進んだ経験はないでしょうか?
ここで極めて重要なのが人生が好転する人たちは裏切られた後にふてくされていないということであります。なぜなら裏切りの被害者がショックで立ち直れなくなった結果、今度は裏切る側に回ってしまうケースが結構な比率であるためなんです。被害者が加害者に転じて犯罪が起きたというニュースもよく聞きますし、被害者と加害者の逆転現象は子供の間でも多く起きています。
例えば小学校時代のいじめられっ子が中学校に入ったらいじめっ子になってしまったとか小学校の頃にさえなかった子が中学で本格的な不良になったと言った現象そうなってしまった理由ははっきりしていて落ちこぼれてふてくされてしまったからなんです。漫画やテレビドラマのように本格的な不良が成功者として世に出ると言ったことは基本的にはありません。
それは社会に出てからも同じでいかなる理由があっても、ふてくされてしまったら人生はそこで終わってしまうんです。人に裏切られるというのは非常に辛い経験ですがそこでふてくされずに復活すればあなたの運気は上がり必ず幸せに向かいます。
ふてくされたり、まして仕返しを考えたりなどしてはいけない。あなたを裏切った相手は勝手に自滅するからあなたが復讐に手を汚す必要なんて無い。どこかのドラマのように倍返しだなどと叫んで復習なんてする必要はないんです。
相手は勝手に自滅していきます。あなたはあなた自身のことに集中しましょう。さて裏切りに加えて人生の中で起こる別れも少なからず辛い経験のはずです。例えば、友人と絶交した、恋人と別れた親と死滅した、離婚した、大口の取引先との関係が切れた学校を退学した、会社を辞めた、このようにあなたが何かと決別する前はどこかネガティブな気持ちがあったと思います。
しかし、いざ決別してみて後で気づかないでしょうか?その別れによって自分がそれほど不幸にはなっていないということに、むしろ時が経てば経つほどその決別により、あなたの人生が好転したことを実感して行ったりします。
どんな人間に出会うかが人生を大きく左右するとはよく言われますが実は決別によっても運気が激しく上下するんです。そして、相手はあなたから離れることで自らの運気を上げるあなたが誰かと別れた節目はあなたにとっても相手にとっても人生が大きく変わった瞬間なのです。去る者は追わずという言葉もあるようにあなたから離れていった相手を追いかけて上がるはずの運気を無駄にしないようにしましょう、と著者は言います。去っていった人の中にはあなたが嫌いだった人もいるかもしれません。そして現にあなたは仕事などで苦手な人と付き合わざるを得ないかもしれません。
現在は SNS でネガティブな話題を発信しフォロワー数をアップさせる広報が流行しているせいか嫌いなものをコミュニケーションの題材に取り上げる人も増えてきています。ものと言いましたが嫌いなものの中でもとりわけヒートアップする語りの対象は人です。
あなたの日常生活の中にも SNSで嫌いな人の悪口を書き込んだり居酒屋で愚痴を言い合ったりそんな時間ができてしまっていないでしょうか?あなたがもし本気で人生を充実させたければこの嫌いな人について滔々と語る時間を人生から完全に排斥すべきなんです。自分が嫌いな人についてどれほどの時間熱く語ってしまっているかをちょっと考えてみてください。毎週あるいは毎月あるいはあなたの人生を通して合算してみるとそれはもうちょっとするほどに膨大な時間となるでしょう。その時間をもっと有意義なこと例えば資格取得や英語の勉強などに当てていたらその人はかなりの実力者になっていた可能性が高いと思いませんか?
嫌いな人について熱く語る時間を人生から0にするだけであなたの人生に自由時間がドカンと増えることでしょう。悪口を言っている時間というのは嫌いな人のことで時間を使うわけですから、いかに世の人々が嫌いな人のために自分の貴重な時間を無駄遣いしているかということになります。それに気づけた今日からはあなたはもっと限られた時間を大切なことに使えるようになるでしょう。自由時間が増えればやってみたいことを思い浮かべてみてください。例えば勉強でしょうか、トレーニングでしょうか、大切な人たちと過ごす時間でしょうか、時間がない忙しいといつも後回しにしていたあんたにとって大切なことをもっと優先して欲しいんです。最後にもう少し強調しています。嫌いなことを嫌いな人について熱く語るのは何のメリットもないどころか寿命の無駄遣い以外の何者でもないさらには悪口を言った後にはスッキリするどころかただただ虚しくなるだろう。
そして一歩も動かない未熟な自分を嫌いになり自己肯定感が大きく下がるだろう。さてこれは最悪なことですよね聞き役だったあなたの友人もやがて嫌気がさしてくるものです。そしてかなりの確率でこのように疑われます。自分がいないところでもこうやって自分の悪口を言っているのだろうと今日から一生勇気を持って悪口から卒業しましょう。真の勇気とはリスクを負ってちょっとつ猛進に何かをやることではなく良いと思ったことは今すぐ実行して死ぬまで継続し悪いと思ったことは今すぐ卒業して死ぬまで絶対にやらないことです。しかし、その決断はあなたの人生を確実に好転させてくれます。ちなみに好きな事や好きな人について熱く語るのはとても良いことです。人生において勉強よりも遥かに価値があることかもしれません。

メンタルを強くする事実

真剣に仕事をしているサラリーマンならばこれは間違いないとひらめいたアイディアや全勢力をかけて取り組んだ企画が多数決で却下され凹んだという経験があるのではないでしょうか?しかし、あなたが成功したいのならそれをいつまでも引きずることはやめましょう。
そして成功者たちがみんな知っていて実行していることをあなたも知って実行すればいいんです。それは多数決から降りるということです。成功者たちは皆人生のどこかで多数決とお別れを告げているという事実があります。人は多数決に頼ると必ず愚かになってしまいます。昔運動会で綱引きに参加した時のことを思い出してみて下さい。一対一で引っ張り合うよりも大人数対応人数で引っ張り合う方が1人1人が出せる力は弱くなってしまいます。中には自分一人がちょっと手を抜いたところでとそういった気持ちになった人いるかもしれません
人は増えれば増えるほど無意識のうちに依存心が芽生え無意識のうちに力を抜いてしまう習性があります。仕事で言えば人は群れるだけ思考能力が下がっていってしまうんです。一例を挙げると大手金融機関は非常に優秀な人材ばかりを大量に採用しているはずなのに何も画期的なサービスが生まれていませんよね。
もしあなたが今いる場所が多数決主義だとしたらそれは極めて危険な環境だと考えるべきです。たとえその場所が居心地がよく働きやすくても少なくとも成功には程遠い環境でしょう。ちなみに日本の民主主義といえば輸入の仕方を間違えて相手への理解が伴わない日本式多数決であるという風に思われています。
これでは本末転倒です本来の民主主義とは断じて多数決のことではなく徹底的に話し合い相手を理解する行為をいいます。偽の民主主義とは今すぐ別れを告げも多数決と関わることはやめるべきなんです。
たとえこれからあなたの提案が多数決に敗れたとしてもあなたがいつも周囲とのズレを感じているとしても気にしないでください。むしろ誇りに思える強いメンタルを築くにはこのように考えるんです。自分はそれだけ成功の近くにいる証拠なのだと成功の反対は失敗ではなくに何もしないことだというフレーズを誰もがもう飽きるほど聞いてきたと思います。ここで周りと差をつけるために本当に成功するために著者が提唱するこの言葉をぜひ頭に入れておいてほしいと思います。成功の反対は多数決である。
もちろん、話し合う際は自分の意見を堂々と主張するだけではなくて相手の意見もきちんと聞くことを忘れないようにしましょう。さてここで少しシリアルなお話をしたいと思います。人生の中で起こる数ある辛い経験、その中でも誰もがわかっているが誰もが受容し難い現実があります。
人はいずれ必ず死ぬということです。これは自分のごく身近な誰かがなくなるとかあるいは自分が死を意識する経験をしなければなかなか理解できないのではないでしょうか?自分自身も必ず死ぬということをできれば信じたくない、あるいはまだ遠い未来の事だと思っていて今は考える必要はないと思っている人もいるかもしれません、でも常に死ぬことをどこかで意識している方が寿命を無駄にしないよう有限である時間をより大切にするはずです。
そして人生をより有意義に生きていくことができるのは間違いないでしょう。著者には以前自分の人生観が大きく変わるきっかけがあったそうです。それは自分が死を強く意識した瞬間だったと言います。それからは自然と次のようなことを考えるようになりました。金輪際くだらないと自分が思う連中とは絶対に群れない。
金輪際やっても無駄だと分かっていることに、リスクなどして時間の無駄遣いをしない。つまり、寿命を無駄にしない。そして金輪際、尊敬していた亡くなった人に対して恥ずかしい生き方はしない。これはあなたも聞いたことがあるかもしれませんが全ての人は二度死にます。
1度目は肉体が死んだ時そして2度目はまだ生きているこの世の全ての人からその人の記憶が忘れ去られた時なんです。ですからあなたの記憶に残っている間は死滅した人はあなたの中で生き続けているということその人は今もなお生きているあなたに影響を与えているんです。例えばあなたが何か大きな決断をしなければならないときや経験したことがないほどの緊張やプレッシャーを背負って大きな舞台に立つ時になどにこれまで死滅した中の誰かの顔が思い浮かぶことがなかったでしょうか?
死別した相手のお墓の前で年に何度か合唱する時は自分とその相手の思い出を心の中に再び読み戻していたのではないでしょうか?お墓参りは相手のためと思ってやっているかもしれませんが、本当は自分のためなのかもしれません。誰かがなくなり短期間落ち込んでしまうのは仕方がないでしょう。
しかし、いつまでもクヨクヨしたり落ち込みぱなしでいるべきではありません。それは寿命の無駄遣いになります。あなたがやるべきことはより良く生きようと考えることです。そのためには死滅した相手に恥じない生き方を実行することです。それこそが亡くなった大切なかたへの最高の供養になるということをぜひ覚えておいてください。最後にあなたのメンタルを最強にするとっておきの事実をお伝えしておきましょう。それは人の見ている時や場所ではなく人の見ていない時こそあなたの人生は作られるということです。これはどういうことか人の見ている時や場所でのあなたの立ち振舞いは実は自然ではありません。
あなたは人々に本当の自分などそのまま見せることはできないはずです。だから嘘の自分を演じていることがほとんどのはずです。それは自分が最もわかっているはずです。しかし、それは悪いことではありません。人前では演技をするのが正しい作法であり少なくとも現代はそうすべきなんです。それよりも大切なのがあなたのありのままの姿をさらけ出せる人の見ていない時や場所での過ごし方であります。どれだけ人前で善人のように振る舞っていても人が見ていない時や場所で悪人として行動すればその行為が日々のあなたの表情や雰囲気を作り出してしまうんです。最初はうまく付き合えていても後になってその人が悪人だったと判別したことはありませんか?そういう人はなんとなく信用できない気がするとか人相が悪いから一応警戒した方が良さそうという印象を始めからなんとなく抱いている場合が多いです。
あなたの最初の直感は正しいことが多いんです。なんとなく信用できない人や人相が悪い人は例外なく人の見ていない時や場所で、ちゃっかり悪事を働いております。犯罪に手を染めていたことが判明して逮捕される政治家や経営者たちもそのようなにそうだったり雰囲気が漂っているはずなんです。嘘の自分を演じることがそもそも悪いことなのかと言いたくなる人もいると思います。当然相手を傷つけるような悪意のある嘘をつくことはいけません。しかし、人前に出た時は嘘も方便で生きるのが現代の世の中では大切なことなんです。
そして人の見ていない時、それこそ嘘をつかず、生きることがあなたの精神性を高めてくれるんです。あなたが美人になりたければ人の見ていない時や場所で美しく生きることです。あなたが男前になりたければ人の見ていない時や場所で男前に生きることです。
昔は美人だったのに年を重ねれば重ねるほど、何て言っている昔は男前だったのにしばらく見ないうちに残念な感じになってしまった。そのような人たちは例外なく裏で残念な生き方をし続けてきた結果が表れてしまっております。人生で差がつくのは表舞台ではなく舞台裏なんです長期的に成功している人はこの事実をよく知っています。そして知っているだけではなくきちんと行動に移して人生の習慣としているんですあなたの周りに長期的な成功者やどんなに歳をとっても綺麗だ男前だと思える人は多くないと思います。その理由の一つが舞台裏で美しい生き方をしている人がそれほど多くないということかもしれません。実際に表舞台で生きている人になる競争率は高いんですが舞台裏で生きてる人になる競争率は桁違いに低くてスカスカです。将来的にいけてる人になれるのは舞台裏の方なのですから今から舞台裏で自分を磨いていた方がお得ではないでしょうか?
例えば自分がいけていなくても自己肯定感を下げる必要はありません。この事実を知った以上あなたの勝負はこれからです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました