アラフォー、バツイチ女性の特徴とは!? 恋愛観や考え方などを考察!!

お悩み

40代は普通に暮らしていても何かと悩み多き世代ですが、さらにバツイチで独身女性となると子持ちでも子なしでもさらに悩みは増えそうです。

そこで今回は、40代バツイチ女性の生き方!と題し、アラフォー独身女性の生き方に焦点をあててみました。

 

アラフォーでも、モテる人もいますし、出会いがあれば恋愛したい人も多いと思います。

これから生活していく上でヒントになる情報をお届けしますので参考にしてみてください。

アラフォー、バツイチ女性の生き方に多い悩み

 

【送料無料】白髪染め レフィーネ ヘッドスパ ボタニカル トリートメント カラー R4 大容量 300g 2本セット | 白髪染めトリートメント ヘアカラートリートメント ヘアカラー おすすめ 女性用 男性用 頭皮ケア 白髪 白髪染 カラートリートメント 全体染め 無添加

価格:6,914円
(2022/8/22 20:27時点)
感想(942件)

バツイチでなくアラフォーの独身女性に共通する悩みは後ほど紹介しますが、アラフォー女性の生き方で特有の悩みが何かを調べてみました。

男女問わず、懸命に走ってきた30代とくらべ40代は少し考え方が変わる時だと思います。

 

アラフォー世代は今というこの時間だけではなく、将来や自分の老後のことを考え始める時期ではないでしょうか?

「将来こうなりたい!」という前向きな未来ではなく、先が見えない将来に漠然とした不安や、自分の老後を悲観することも多くなるかもしれません。

 

女性の場合は体にも大きな変化が多くあらわれるようになり、閉経を目前にして不調が続き、それだけで心身を病んでしまう人もいるくらいです。

人生で一番悩み多き世代とも言われる40代、バツイチ女性たちはどんなことに悩んでいるのでしょうか?

アラフォーバツイチ女性の恋愛観は?

 

アラフォーのバツイチ女性の恋愛観は?ということで調べてみました。

アラフォーバツイチ女性は、俗に言う「酸いも甘いも嚙み分けた」人たちだと思います。

恋愛が素敵だと思う反面、真剣であればあるほど厄介で面倒くさいものだということもわかっています。

 

特にバツイチで子どもがいる女性の場合は、子育てが生きがいなことが多いので、男性に興味を抱かない人も多いかもしれません。

また、恋愛以上に結婚生活もしんどかったし、離婚はさらにしんどかったから「恋愛や結婚はもういいや」と思っている人もいるでしょう。

 

でも、そんな気持ちとは裏腹に「縁があれば恋愛もしたい」と考えるのがバツイチ女性の本音ではないでしょうか?

私は結婚していますが、結婚生活ってかなり面倒臭いしたまに一人に憧れることもあります。

 

それをふまえると、恋愛はしても結婚という形にこだわる必要はないと思います。

恋愛も再婚もしたい!でも失敗できない

恋愛も再婚もしたい!でも失敗できない

アラフォーでもチャンスがあれば「恋愛したい」し、「再婚もしたい」と考える人が多いようです。

女性が生きる上で、仕事や子どもが生きがいになることは多いです。

 

でも、自分を理解してくれる寄りかかれる存在が欲しいという欲求は誰にでもあると思います。

安心感は幸せにも直結しますし、大人の女性が安心感を得られるのは、良きパートナーに巡り合うことです。

 

しかし、離婚経験のあるバツイチ女性の場合は、そのパートナー選びにおいて、過去に痛い失敗を経験しています。

自分がアラフォーであり、若くはないことを考えると「失敗はできない」「後がない」となかなか一歩を踏み出せなくなります。

 

年を重ねたからといって、痛みの度合いは変わりません。

むしろ年を重ねてからの失敗の方が堪えます。

つらい思いは「もう、こりごり」だと思うからこそ、新しい一歩を踏み出すのはとても勇気がいります。

アラフォーシングル女性が抱える三大不安

次は、結婚歴がある無いに関わらず共通してアラフォーシングル女性が抱える三大不安を調べてみました。

 

人生において、40歳というのは大きなターニングポイントだと思います。

私自身も40代ですが、この40代をどう生きるかによって、その後の50代、60代がまったく違うものになっていくと感じています。

40代で抱える三大不安は「健康の不安」、「収入の不安」、「老後の不安」です。

 

逆に言えば、この3つの不安を攻略していくという生き方が40代には必要と言えます。

そこで、まずは三大不安について詳しく知っていきましょう。

健康の不安

 

アラフォー女性は、大きな体の変化を感じるようになりますが、なぜでしょうか?

それは、50歳前後でほとんどの女性が迎える「閉経」に関連する体の不調を感じる時期です。

 

いわゆる更年期障害という症状ですが、人によっては寝込むほどつらい症状が出ます。

閉経が近づくにつれ、ホルモンバランスが乱れることで情緒も不安定になりますし、ネガティブに傾きがちです。

また、乳がんや子宮がんなど婦人科系の癌が増えるのもこの時期です。

 

加齢によって脂質異常や高血圧にもなりやすくなる時期、つまりは体のいろんな不調を多く感じる時期です。

病気が増えるということを理解した上で、それに備えることが大切です。

 

定期的な健診を受けるのはもちろんのこと、いざという時に備えて医療保険やがん保険には加入できる時にしておきましょう。

収入の不安

 

収入が多い人でも、50代、60代と今と同じように働けるとは限りません。

現在の収入に満足していない人なら、その不安は尚更だと思います。

万が一働けなくなってしまう可能性というのは「誰にでもあること」。

それを踏まえた上で、今の収入から少しでもアップできるようにしていきましょう。

 

といっても、一般企業にお勤めの方は給料以外の収入を得るのは難しいかもしれません。

時間的に余裕があって副業を認める会社にお勤めの方は、空いた時間でできる副業をするのも良いと思います。

また、スキルアップをして転職するという方法もあります。

 

40代女性が転職できる職業は限られると思いますが、介護関連や保育関連の仕事は求人が多くありますし、未経験からはじめて働きながら資格を取得する人も多くいます。

楽天証券トウシルが作った一番かんたんな株入門【電子書籍】[ 楽天証券トウシル編集チーム ]

価格:1,100円
(2022/8/22 20:40時点)
感想(1件)

老後の不安

老後の不安は、自分の老後だけでなく親の老後を不安に感じる人も少なくないでしょう。

高齢化が進むにあたり、老人が老人の介護をする「老老介護」という言葉が登場したくらいに老後問題は深刻です。

 

おそらく今の40代の老後時代は、今よりも問題は深刻化しそうです。

平均寿命が延びて65歳から85歳くらいまで老後があるとしても、そのうち元気なまま過ごせるのは半分くらいかもしれません。

このままじゃ希望が持てません。

 

元気でも生活費はかかりますし、病気やケガをすれば医療費もかかります。

また、結婚しているしていないに限らず、子供がいた場合でも子供が巣立ってしまえば老後を孤独に過ごす事になるかもしれません。

 

孤独とお金、Wの不安に日々さいなまれる老後なんて絶対にごめんですよね。

40代シングル女性たちができることは、そんな老後に送らずに済むように今からできることを始め希望を持つことです。

でも子持ちと子なしで変わる価値観

次は同じ40代のバツイチ女性でも子持ちと子なしで、その価値観は大きく違うことに着目していきます。

子どもにまだ手がかかるという女性は子育てに精一杯で、自分のことは二の次にしてしまう人も多いと思います。

 

子どもがある程度成長したシングルマザーの場合は、少しは自分のことを考える余裕もあるかもしれません。

子どもがいない人は、自分のことだけを考えれば良い人もいれば、親の介護などで一人で四苦八苦しているという人もいると思います。

 

同じ40代バツイチ女性という括りであっても、その人を取り巻く環境や家族構成によって、価値観は大きく変わりますし、悩みはそれぞれにあるということです。

世間からの目は単純な偏見であふれていますが、どんな人でも悩みはあるしどう生きるかは人それぞれです。

 

世間の目を気にせず、自信をもって生きることを目指しましょう!

アラフォー 子なし女性の生きがいや恋愛観とは?

 

40代女性のバツイチで子どもがいない場合は、子どもがいる人よりは自由度は高いかもしれません。

親の介護などもなければ、自由度が高い分、自分のことに時間を費やすことができます。

 

でも生きがいを趣味に見出すのは浪費を進めています場合があります。

仕事だけが生きがいというのもさみしいですし、趣味にお金を費やしすぎるのも老後が心配です。

 

現在素敵なパートナーがいる方は、その出会いを大切にしましょう。

そうでなければ、まずは生きがいを見つけ輝くことから始めてみませんか?

仕事以外の場所に活動の場を持つことで、恋愛に繋がらなくても新しい出会いがあると思います。

 

アラフォーにもなると自分が違う場に足を踏み入れない限り、新しい出会いはありません。

これまでとは違う人や物との出会いは、新しい考え方が生まれるチャンスでもあります。

もうアラフォーではなく、まだアラフォーだと意識して新しいことにもどんどん挑戦していきたいものです。

アラフォーバツイチからはじめる生き方改革

「もう」ではなく「まだ」の40代バツイチができる生き方改革を考えていきます。

40代で迷走中の方には、「40代にとって大切な17のこと」という本もまた、生きるためのヒントになりそうです。

40代にとって大切な17のこと [ 本田 健 ]

価格:1,540円
(2022/8/22 20:44時点)
感想(0件)

40歳は人生の折り返し地点と言われています。

往路をひたすらかけぬけてきたランナーは、40歳になると折り返し地点を過ぎて復路に入ります。

復路だけでいうと復路のスタート地点に立ったところです。

 

これからの人生は短いようで長いです。

今、不安を抱えてる方はその不安を少しずつでも解消できたらいいですよね?

そのためには、すぐにでもできる見直すことから始めていきましょう。

 

「見直す」とは現状を正しく把握した上で、間違いや手薄なところを改善して直していくことです。

では、具体的にどんなことを見直せば良いのかを紹介していきます。

働き方を見直し、生活を安定させる

定年が65歳だとすると、あと20年くらいは働いて収入を得る必要があります。

場合によっては65歳以降も働くことになるかもしれません。

1日の中で働いている時間の割合はとても長いです。

 

楽しく働くのも、生活のために嫌々働くのも同じ時間です。

長時間を仕事に費やすからこそ、仕事は仕事で生きがいを感じる働き方を心掛けたいものです。

「もう年だから」とあきらめてしまうことは簡単です。

 

でも、時代は変わらず進んでいきます。

10年前にはなかった仕事や働き方があったり、逆に以前は当たり前にあった職業がなくなって行く時代です。

 

さすがに40代になると大きな冒険は無理かもしれませんが、常に新しい情報を得て先見の目を持っていくことが大事になります。

いつ何が起きるのかわからないというのは、悪いことに限ったことではありません。

 

良きこともまた、突然訪れるものです。

一番良くないのはあきらめてしまうことです、常に今よりも良くなることを前提に、生活を安定させるために常に働き方を意識するようにしましょう。

月収+10万円 こっそり副業術 [ 土谷 愛 ]

価格:1,540円
(2022/8/22 20:45時点)
感想(3件)

将来のお金の不安を解決する

 

いつまでも元気で過ごせるなら長生きしたいですが、長生きすればするほど老後資金はたくさん必要になります。

特に40代バツイチ女性の場合は、このままパートナーがいなければ自分で収入を得て老後は一人で暮らして行くことになります。

 

子どもがいる場合は、将来的に子どもに頼る方法もあるかもしれませんが、今の日本の状況を考えると子どもに頼るというのも厚かましい気がします。

一人で生きる生き方を考え、老後資金をできるだけ増やすということもしなければなりません。

 

その為には働いて収入を得るだけでなく、貯金を運用し貯蓄を増やして行くことも必要です。

 

老後の一番の不安は「お金」のことです。逆にいえばお金の不安を解消することで、不安の半分以上は無くなるということです。

稼ぐ投資家とスゴ腕FPに聞いてみた NISA&つみたてNISAで何を買っていますか? 基本からわかる!結果を出すNISAとつみたてNISAの使い方 [ 森田 悦子 ]

価格:1,430円
(2022/8/22 20:47時点)
感想(1件)

子持ちでも子なしでも老後に必要なのは友達

 

いくらお金があったとしても、一緒に過ごす相手がいないのはさみしいものです。

たとえ長生きしても、朝起きて一人で孤独に食事をし、なんとなくテレビを見てるうちに夜が来て眠るというだけの生活が20年以上続くことを想像してみてください。

 

一緒に住むパートナーや家族がいれば、話もできますがその人たちも永遠ではありません。

数えきれないほどの友達は必要ありませが、気心が知れた友達は身近にそれなりに作っておくべきだと思います。

 

大人になって仕事や子育てに忙しいと、無理して人付き合いをする必要性を感じなくなるものです。

実際にそうだったりもするのですが、さらに将来を考えると仕事も子どもも自分からはいずれ離れていく存在になります。

 

いざ老後を過ごそうと思った時に、誰もいないというのはつらいですし、さみしいです。

その年齢から1から人間関係を築くのは精神的にしんどくなるかもしれません。

この先、いいパートナーが見つかり夫婦になれたとしても、夫婦もどちらかが先立てばいずれ孤独になります。

 

そう考えると、どの立場であってもやはり生涯を共にできる友達というのは貴重な存在です。

多少面倒でも、友達関係を築ける環境に積極的に身を置くようにするのも大切です。

アラフォーバツイチ女性は意外とモテる!?

 

アラフォーバツイチ女性がモテるという話は以前から聞くことがありました。

あまり深く追求したこともなかったので、アラフォーバツイチ女性を擁護したい人の勝手な言いぐさとも思っていました。

 

今回調べてみると、実際にアラフォーのバツイチ女性はモテるというか、それなりの需要があるということがわかりした。

人によっては同じアラフォーならば全くの未婚より結婚歴があった方が良いと考える男性もいるみたいですね。

 

だからといって、当然ながらバツイチなら何でも良いかといえばそんなことはありません。

モテるといっても、未婚で年の差がある年下の男性からモテることは稀だということは、ご理解ください。

 

自分と同じ世代から上「40代はまだまだ若い」と思ってる世代には、女性として見てもらえると思っておく方が無難です。

年下男性からアプローチを受ける場合は、下心で近づいている場合もあるので注意してください。

 

人を好きにあることに年齢も年齢差はまったく関係ないはずです。

理屈ではわかっていますが、自分に置き換えるとなかなかそうは思えませんよね(笑)

私もそう思います。

アラフォーバツイチ女性がモテるためのポイントとは?

 

アラフォーバツイチ女性と聞くと、不良物件だとが失礼なことを言う男性もいます。

そんなこと言う男性自身が不良物件である可能性が高いので、気にせず放っておきましょう。

 

アラフォーバツイチの良さをひと言で言うのなら「経験値の高さ」です。

二度と同じ失敗を繰り返したくないので、冷静でガッツかないのも魅力かもしれません。

女性を結婚歴を問わずに人間性を見てくれる男性は多いですし、余裕を感じさせる女性になることで、好きになってもらえる確率がアップすると思います。

 

同じバツイチ女性でも、「あ~、この人はこんな感じだから離婚したんだな」と思われる人と「あ~、この人はたまたま変な男にあたっちゃったんだな」と思われる人がいます。

前者だった場合は、間違いなくモテない女性です。

 

離婚の原因が元結婚相手にあるんだなと思わせることができる女性ならば、好きになってもらえる可能性があります。

モテる人とそうでない人には、具体的にどんな差があるのかを調べてみました。

過去の離婚を深く語らない

 

たまに、誰も聞いてもいないのに、武勇伝のように自分の離婚を語る人がいます。

本当に武勇伝なのかもしれませんが、人の不幸は蜜の味というように、面白がられても同情を集めることはできません。

 

「気の毒だな」と思われることはあるかもしれませんが、「気の毒だから守ってあげたい」と思われるほどには若くはないんです。

もう40代なので自分の失敗談を明け透けに話すよりかは、余計なことは語らずに「大変だっただろうけど、何事もなかったように頑張ってるね!」と思われる方が魅力的です。

 

どんな経験も気の持ち方で良い肥やしになります。

肥やしにせずに腐らせないためにも、離婚という貴重な経験は肥やしとなるまでじっくりと自分の中に寝かせてください。

元夫や元カレをディスらない

 

離婚話を多く語らないということにも繋がりますが、別れた夫や元カレのことをディスるのはやめましょう。

悪口はどんなものでも聞いていて気持ちのいいものではありません。

 

別れた夫や元カレに非があればあるほど、悪口を言うことでうっ憤をはらしたくなるのはわかります。

言ってることも最もなのかもしれませんが、悪口を言う人に良い印象を抱く人はいません。

 

現状で起こってることならまだしも、過去のことならば尚更です。

悪口を言う=過去をずっと引きずっていると思われた時点で男性は離れて行くと思います。

人によっては、彼女としてつきあったら「自分のことも外でべらべらと話されるのではないか?」と警戒してしまう男性もいると思います。

 

モテる女性は過去は振り返っても、ずっと引きずるということはありません。

アラフォーバツイチ独身女性の婚活

続きましては、アラフォーバツイチ女性のリアルな婚活事情を調べてみました。

アラフォーバツイチ女性は「できれば再婚したい」と考えている人は多いようです。

しかし、年齢を重ねるほど出会いは減りますし、40代の女性は初婚でも婚活が容易ではないのが実情です。

 

そこにバツイチが加わると、さらに婚活がトントン拍子に運ぶのは難しいと思います。

難しいですが、人生あと40年と考えたらまだまだ諦めてしまうのはもったいないのが40代です。

 

「何があっても結婚したい!」と躍起になるのではなく、ゆるりと「いいご縁があれば」くらいの気持ちで婚活に望みたいものです。

恋愛や縁は待っていてもやってこない

 

今出会いがないと感じているならば、なにか今までとは違う行動を起こし探しに行かなければ、新しい出会いが訪れることはないでしょう。

男性もいる場所に習い事に行ったり、何かのサークルに参加して出会いの場を広げるのも良いと思います。

 

とにかく自分で動かなれば、何も始まりません。

人生あと40年、長いようですが何かしても何もしなくても平等に時間は流れて行きます。

あとで後悔しないためにも、守りの姿勢ではなく攻めの姿勢で積極的に新しい恋を探しに行きましょう!

アラフォーバツイチ女性におすすめの婚活法

 

40代バツイチ女性は、結婚相談所が運営する婚活サイトを利用する人も増えているようです。

婚活サイトによって差はありますが、登録している40代女性の中で結婚歴がある人は3~4割程度になるそうです。

 

男女問わずいろいろな世代の登録者がいますが、結婚相談所において40代のバツイチ女性が初婚の若い男性を狙うというのはおすすめしません。

結婚を考える初婚の若い男性のターゲットは、子どもを産むことができる同世代の女性です。

 

40代バツイチ女性が再婚を考えるならば、同世代以上の男性に目を向けてください。

40代男性のバツイチ男性は、初婚の女性よりも同じ経験をしたバツイチを好む人も一定数いるようです。

 

再婚を真剣に考えるならば、結婚相談所が運営する婚活サイトを活用するというのは一番の近道になるかもしれません。

先着で婚活支援金30,000円プレゼント!

今回のまとめ

今回は、アラフォーバツイチ女性の生き方!題し、アラフォーのバツイチ女性に焦点をあて、生き方のいろいろなことを調べてきましたがいかがでしたか?

 

アラフォーでバツイチの女性といっても、一括りにはできないほど人の生き方はいろいろな道があると思います。

どの道を選んだとしても、選んだ本人が幸せであるならばそれは間違いではないと思います。

 

今よりも少しでも明るく輝かけるように思考を止めることなく、前に進んでいきましょう!

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました