コミュニケーション能力を鍛え、苦手を克服。コミュ力の高い人が“無意識”にやっている方法を紹介!!

お悩み

コミュ力の高い人が無意識にやっていること

そもそもなんですがコミュニケーション能力とは何なのか?

コミュニケーション能力=しゃべりがうまいというイメージがありますがそうではないんです。

 

実際に口数は少なくてもみんなから慕われている人はたくさんいるし反対に喋りが上手いのに人が離れていく人もいますよね。

 

この両者は一体何が違うのかそれは相手に快感を与えているか不快感を与えているかそれだけの違いです。

 

コミュニケーション能力の高い人は知ってか知らずか相手に快感を与えています。だから自然と人が集まってくるみんなから慕われる。

 

つまりコミュニケーション能力が高い=相手をいい気分にするのが上手いということは相手をいい気分にする方法さえわかれば誰だってコミュニケーション上手になれるんです。

 

ではコミュ力の高い人はどうやって相手をいい気分にしているのか?これはもう心理学でガッツリ研究されていて全貌が明らかになっています。

 

やり方は何十種類もあります。今回はその中でも特に重要なもの。相手をいい気分にする効果の高いものですね。

 

この5つを実践するだけでもコミュニケーション能力は格段にアップします。

 

反対にこの5つを知らずに人とコミュニケーションをとるというのは泳ぎ方を知らずに海に飛び込むのと同じくらい無謀なことですからね。

➀ネームコーリング

単純なことで相手の名前を呼ぶ。

 

会話の中に時々相手の名前を挟むのがネームコーリング。なんでこんな簡単なことで相手をいい気分にできるのかというと単純に人間の脳にとって人から名前を呼ばれること自体が快感だからです。

 

私の話で恐縮ですが、しばらく前に子供の習い事で妻のママ友にあって、時々ネーム コーリングをしながら、しばらく話をしました。

 

その後しばらくしてその方から妻のところにラインが来て名前を呼んでもらえたのがすごく嬉しかったとメッセージをくれたんです。

 

これを見てねネームコーリングってすごいなあと改めて感心しちゃったんですけど、

モスクワ大学の研究でも会話中に自分の名前を呼んでもらえるともう一度会いたいっていう気持ちが大きく高まることがわかっています。

アメリカの南メソジスト大学の研究も面白くて学生たちにクッキー買ってくれないかと一人ずつ頼んで回った時は55%の学生しか買ってくれませんでした。

次にマイク、クッキーを買ってくれないかキャサリン、クッキーを買ってくれないかと名前を付けて頼んだ時はなんと90%の学生がクッキーを買ってくれたんです。

名前を呼ばれたことで脳みそがご機嫌になって思わず買っちゃったということですね。

 

これとは反対に名前を呼ばないとどうなるのかという調査もあって愛情が冷めるのが早いカップルを調べたところ、堂々の第1位は名前を呼び合わないカップル名前を呼び合わないカップルのなんと86%が5カ月以内にお別れしていたそうです。

人間にとって名前を呼んでもらえないって言うのはそれ自体が苦痛なことなんですね。

確かに職場でも〇〇君ちょっとって言われるのと君ちょっとと言われるのでは、全然気分が違いますからねというわけでここまでの話をまとめると自分の名前を呼ばれると脳は快感を感じる。

名前を呼んでもらえないと脳は不快感を感じる。

ですのでネームコーリングは必須のテクニックですよということですね。

WordPressを使うならロリポップ!
簡単インストール完備で楽々スタート!

➁フォローアップ クエスチョン

フォローアップクエスチョンとは質問で相手の話を盛り上げること。なんだか難しそうな気がしますが簡単です。

 

テレビの司会者を見ると一番わかりやすいのですが、例えば明石家さんまさんやダウンタウンの浜ちゃん今田耕司さんなどは、『なんでや』『わかるわかる』『きっかけは?』『ほんまかいなー』『すごいなー』

このように質問と相槌で話を進めていきますよね。

これがフォローアップ クエスチョン、タモリさんの場合は『あれ髪切った?』『どこの美容院?』『変わった美容師さんもいるでしょ』『それすごいねー』

こんな感じのフォローアップ クエスチョンを使うと相手はいい気分になるんです。

あー楽しかったもっとあの人と話がしたいってね。ではどうしてフォローアップ クエスチョンで相手は良い気分になるのかというとその理由はネームコーリングと同じで人間の脳にとって自分のことを話すのはそれ自体が快感なのです。

実際に自分のことを話している時の脳を覗いてみると、報酬型と呼ばれる快感を感じる部分がガンガンに活性化しているそうです。

ハーバード大学の調査でもフォローアップクエスチョンを使う人ほど異性にモテるという結果がでています。

 

日本でも昔から話し上手は聞き上手っと言いますけど、聞くというのは質問のことだったんですね。

トレンドアイテム60万点以上 | ファッションブランド【SHEIN】

➂ペーシング

ペーシングとは相手の真似をすること

相手や早口なら自分も早口で話す。相手がローテンションなら自分もローテンションで話す。相手がだらーっとした姿勢なら自分もだらーっとする相手が前のめりなら自分も前のめりで話す。

 

相手がお茶を飲んだら自分もお茶を飲む。こんな感じで相手の鏡になったつもりでさりげなく口調や仕草をマネること。

 

不思議なんですけどペーシングを行うと相手はまるで催眠術にかかったようにだんだんリラックスして穏やかな気持ちになるんです。

あっこの人といると安心するなみたいにです。

なのでカウンセラーはクライアントの話を聞く時必ずペーシングを行います。

 

また最近行われたジューク大学の研究ではコミュニケーション能力が高い人は無意識に相手のマネをしているって言うことが分かりました。

マネをするから相手が安心する。相手が安心するからコミュニケーションがうまくいくこういう順番だったんですね。これ逆から言うと、真似をしないから二人の間に壁ができる壁ができるからコミュニケーションがうまくいかないということですので、コミュ力を高めたかったら最初にすべきことは相手の真似をすること。

 

つまりペーシングを身につけることがコミュニケーション上手になる一番の近道になるということですね。

ペーシングを身につけるにはちょっとだけ練習する必要がありますけどでもすぐに慣れます。できるようになります。できるようになれば相手がどんな人であれ、スムーズにコミュニケーションを取れるようになると思いますよ。

➃バックトラッキング

バックトラッキングとは日本語で言うとオウム返し

 

相手が言ったことを時々くりかえす。これがバックトラッキング。バックトラッキングはたかがオウム返しですがその効果はすごくて相手から信頼されるとか相手はこちらに魅力を感じるということも研究でわかっています。

 

紀元前のローマの詩人がこんなことを言っています我々は自分に関心を寄せてくれる人に感心を寄せる。結局私たち人間は自分の話に興味を持ってくれる人を好きになるのかもしれませんね。

⑤スマイル・ノッド・カップリング

一番最初にコミュニケーション能力が高い=相手をいい気分にするのがうまいとお伝えしましたが

では相手をいい気分にする最高の方法は何なのか?ということで研究を重ねて編み出されたテクニックがスマイル・ノッド・カップリングです。

 

日本語にすると笑顔と頷きシンプルですが、この2つをどう同時に行うことが相手をいい気分にする最高の方法だったんです。

 

あの僕が子供の頃、隣に田中さんというおばあちゃんが住んでたんですけど僕は田中のおばあちゃんが大好きでした。

かといって田中のおばあちゃんからお年玉をもらったわけでもないし何か特別なことをしてもらった

記憶もない。自分でも理由が分からないけどとにかく大好きでした。

 

でもね今になって考えてみると田中のばあちゃんはスマイル・ノッド・カップリングの達人だったんです。

そうかいそうかいっていつも笑顔でうなずきながら僕の話を聞いてくれた。

だから大好きになったんですね。

 

この件を知ってやっと腑に落ちました。笑顔と頷きの組み合わせは相手が喜ぶ最高の贈り物になりますよっていうことですね。



まとめ

今回ご紹介しましたコミュ力が高い人が無意識にやってることはこの5つ

ネームコーリングは時々相手の名前を呼ぶ。

フォローアップクエスチョンは質問で相手の話を盛り上げる。

ペーシングは相手の口調や仕草をマネる

バックトラッキングは時々オウム返しをする

スマイル・ノッド・カップリングは笑顔とうなづき

どれも簡単なことばかりですが大学で4年間学ぶよりもこれら5つを身に付けた方が、社会で役立つと思います。

今まで以上に良好な人間関係ができてくるはずです。

ちなみにポジティブ心理学でもハーバード大学の研究でも幸福度を上げる最も重要な要素は良好な人間関係という結論が出ています。

また良好な人間関係によって最大で15年も寿命が延びることもわかっています。

そして運勢も良くなります。これら5つは1円のお金もかかりませんが実践すればお金では買えないものがたくさん手に入ります。

ちょっとの努力があれば人生はとても楽しいものになると思いますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました