超初心者でも1日で簡単マスター!! ブラインドタッチ練習方法

お悩み

はじめに・・・

タイピングが早い人に憧れますよね。

目の前にタイピングが早い人がいるとカタカタの音で、焦りますよね。

その人に少しでも追いつけるように「ブラインドタッチ」がマスターできる方法を勉強してきたいと思います。



正しい練習方法を学ぶ

「い・う・お・あ・え」で覚える。

どういうこと?と思いますが、「あ・い・う・え・お」と入力するのではなく、

「い・う・お・あ・え」という順番で入力すると効率が良いのです。

指にとって入力しやすい順番はというのは「い・う・お・あ・え」になります。

これが基本。

その後に、「カ行」「サ行」と順番に入力練習をしていってみてましょう。

そうすれば、自然と入力ができるようになってきます。

まず基本を含めた上で入力練習やスピードアップを意識していきましょう。

もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】

一日でブラインドタッチがマスターできる方法

挑戦してはやめ、挑戦しては諦めを繰り返さなくても、

ブラインドタッチを習得するには、自分自身がきちんとズルをしない事。

1.下を見ずに前を向いて入力すること。
2.最初のうちは手全体を動かす。指だけで動かさない。
3.入力後に必ずホームポジションに戻す
4.スピードアップは指の位置を覚えてから実施

たったこれだけの4か条を徹底的に実践する。

これを意識するだけでひらがなは打てるようになります。



下を見ずに前を向いて入力する。

まずブラインドタッチを練習するに当たりまず下をみないことが大切になります。

下をみてしまうと体がキーボードの位置を覚えることができず、いつまで経っても正しい位置に指を置くことができません。

本当にイライラしますがそこを我慢できるか、精神修行ですね。

いつまでも下を向いて打つことで変な癖がついてしまい、反対に一生習得できないようになってしまいます。

最初のうちは手全体を動かす。指だけで動かさない。

次のポイントは指だけで入力しようとしないことです。

ブラインドタッチは慣れないうちは指が思うように動きませんその状態で文字を打うつとミスが続いてしまいます。

なので、指だけでなく手全体で入力しようと意識することです。

慣れてくると変な力が抜けて自然と指が動くようになっていきます。

入力後は必ずホームポジションに戻す

これも非常に重要なポイントです。ホームポジションとは、キーボードに指を置く基本位置のこと。

スピードアップは指の位置を覚えてから実施。

まず下をみずに正確に文字を打てるようになること、ホームポジションに入力後は指を戻すことを意識したらひたすら繰り返すことです。

「い・う・お・あ・え」という順番でア行から練習してみてください。

きっと職場で一目置かれる存在になることは間違いありません。

最後に・・・

指の位置は大事ですが、

色分け通り打てなくても、自分が下を見ずにタイピング

できるようになればいいわけなので、

あまり難しく考えず楽しく習得していきましょう。



コメント

タイトルとURLをコピーしました