【人生がつまらない】絶対やってはいけない5つのこと、対処法!!

お悩み

つまらない人生と楽しくて充実した人生どちらの方がいいかと言えばこれは言うまでもないですよね。

では楽しい人生を手に入れるにはどうしたらいいのか?

当たり前ですが楽しみを増やすこと。

例えば平日でも今夜はあの映画を観ようとか、日帰り温泉に行こうとか、意識して楽しみを増やしていけば毎日が充実します。

仕事にも身が入ります。

しかし、人生を楽しくするにはこれよりもっともっと大切なことがあるんです。

それは人生がつまらなくなる原因を取り除くこと。

これが何より大事。健康なカラダを手に入れたかったら、サプリメントを飲むよりも不健康な生活を改善するほうがはるかに大切ですよね

暴飲暴食、運動不足、睡眠不足、喫煙など不健康なものを取り除けばおおむね健康でいられます。

それと同じで人生を楽しくするには楽しみを増やすよりもつまらなくなる原因を取り除く方が大事。

つまらなくなる原因が取り除かれれば楽しい人生が自然と姿を現します

そこで今回は人生がつまらなくなる原因を厳選して5つご紹介させていただきます。

これらのほとんどが無意識にやっちゃってるものばかりですからね。

私これやっちゃってるっていうものが見つかれば、しめたもの。今よりもっと楽しい人生充実した毎日がそこから始まると思いますよ。

人生がつまらなくなる原因➀ 関心の輪に目を向けている

関心の輪ってなんのこっちゃってことですが、世界で4000万冊以上売れている7つの習慣これを読んだ方ならもうすでにピンと来ていると思います。

完訳7つの習慣 人格主義の回復 [ スティーヴン・R.コヴィー ]

価格:2,420円
(2022/11/13 14:41時点)
感想(53件)

関心の輪を簡単にご説明すると人間なら誰しも沢山の関心ごとを持ってますよね。

まずは自分のこと、自分の健康、美容、収入、能力、趣味、ファッション、住まい、家族や友達、職場のこと他にもSNS、テレビドラマ、芸能、天気、事件、政治星占いなどこれらの関心ごとを2つに分けてみる。

自分でコントロールできることここを影響の輪と言います。自分でコントロールできないこを関心の輪と言います。

ここからが重要なポイントなので耳の穴を10倍ぐらいに広げて聴いていただきたいのですが人間はざっくり分けると2つに分かれます。

関心の輪に時間を使う人と影響の輪に時間を使う人、関心の輪に時間を使う人はテレビを見ながら食事をします。

影響の輪に時間を使う人は家族との会話を楽しみながら食事をします。関心の輪に時間を使う人は暇な時に面白そうな動画を探します。影響の輪に時間を使う人は暇な時に忙しそうな奥さんを手伝います。

関心の輪に時間を使う人は通勤時間にSNSを開きます。影響の輪に時間を使う人は趣味の本や仕事に役立ちそうな本を開きます。関心の輪に時間を使う人は給料の低さや税金の高さに文句を言います。影響の輪に時間を使う人は youtube で副業や節約術を黙々と学びます。

 

関心の輪に時間を使う人は眠たくなるまで夜のニュースを見続けます。影響の輪に時間を使う人は明日のためにとっとと寝て朝起きたら5分だけyahooニュースを見ます。関心の輪に時間を使う人は、大学駅伝を見ながらリタイアかーだらしないなと言います。影響の輪に時間を使う人は自ら運動してだらしないお腹を引き締めます。

 

上司とうまくいかない時、関心の輪に時間を使う人は飲み屋で不調や会社の悪口を言います。影響の輪に時間を使う人は上司とうまくやれる本みたいなのを買ってきて明日から使える方法を探します。

 

このようにね関心の輪に目を向けるのか影響の輪に目を向けるのかで生き方が全然違ってくるでその結果どうなるのか?影響の輪に時間を使う人は影響の輪が段々大きく成長します

 

上司が自分の意見を聞いてくれるようになります。出世しやすくなるし給料も上がります。家庭も円満になり奥さんに頼みごとをしても気持ちよく聞いてもらえます。体も健康になり趣味も充実してきます。その結果楽しく充実した人生になってくる。

反対に関心の輪に時間を使う人は影響の輪がだんだん小さくなります。上司が意見を聞いてくれないし給料も上がらない。家族の絆もだんだん細くなり正月は旅行に行こと誘ってもお父さん1人で行けばと言われてしまう。

体力も衰え趣味をしていても楽しくない。その結果、人生がつまらないものになってしまうというわけです。

確かに関心の輪に目を向けていれば一時的な快感や刺激を得られます。

テレビを見て政治のやり方にケチをつければ、少しは気が晴れるかもしれません。でもね、変えられないことに執着するのは時間のムダ遣い、関心の輪にどれだけ目を向けても自分の生活は一向に良くならないどころか影響の輪とともに自分の存在価値がどんどん小さくなって何のために生きてるのかわからなくなってしまうんです。

ではね関心の輪に目を向けるこれを止めるにはどうしたらいいのか当たり前ですが関心の輪から目をそらす。

これしかないんです。例えばですけど今までは1日3時間テレビやSNSで関心の輪に目を向けているとしたら、それを2時間に減らし1時間の空白を作る。

するとその空白に影響の輪が勝手に流れ込んできます。

1日1時間なら年間で365時間365時間といえば会社員の3カ月分の労働時間です。

これだけの長い時間、影響の輪に力を注いだら人生にどれだけ大きな変化が起こるのかだいたい想像がつきますよね。

そういうことなんです。関心の輪にいる時間をほどほどにして影響の輪を増やしていきましょうということですね。

人生がつまらなくなる原因➁ マンネリ

人間の脳はマンネリが大嫌いです。思い出してみてください。新入社員として会社に勤め始めた頃は、覚えなければならないことや慣れないことがたくさんあって色々と大変だったけどそれでもそれなりに楽しかったですよね。

ところが仕事に慣れてきて毎日が同じ生活の繰り返しになってくると仕事がつまらなくなる。そうなんです人間の脳は仕事が嫌いなわけじゃないんです。マンネリが嫌いなんです。

夫婦関係でも同じ新婚の頃は何もかもが新しくて毎日ワクワクしていられます。

ところが毎日同じ生活の繰り返しになってくると意味もなくストレスがたまってくる。

ひどいと性格の不一致で離婚なんてことになってしまう。

このようにね人間の脳はマンネリが大嫌い。なんの苦労をもない豊かな生活をしていても毎日がマンネリ化していたら人は不幸になるんです。

ではねマンネリ化した生活から抜け出すにはどうしたらいいのか?これは簡単。意識してやったことのないことをする。

例えばランチで食べたことのないものを注文したり行ったことのない店に行ってみたり仕事帰りに降りたことのない駅で降りて街をぶらぶら散策したり、平日でも夜のドライブを楽しんだり映画館に行ってみたり、女性であればまつげのエクステに行ってみたりマッサージを受けてみたり、男性であれば、最近流行りのキャンプに行ってみたり一人旅をしてみたりとかね。

もうなんでもOKです。新しいことに挑戦すると脳が刺激され生活にハリが出ます。

モチベーションもあがり仕事にも身が入ります。そして1年が終わる頃には今年も色んなことがあった楽しい一年だったなと充実した気分で正月を迎えられます。

マンネリを抜け出すことは簡単で何より楽しいですからね。私の生活最近マンネリ化してるなという方はぜひ明日からほんの小さなことでもいいのでやったこともないことを始めてみてくださいね。

人生がつまらなくなる原因 ➂愚痴や文句が多い友達

冷たい話に聞こえるかもしれませんが愚痴や文句の多い友達とは付き合わない方がいいんです。

そーっと距離を置いたほうがいいというのは心理学の膨大な研究でこのようなことがわかっています。

愚痴や文句の多い人は幸福度が低いだけでなくこの先もずーっと半永久的に幸福度が低い。

何故かといえば愚痴や文句の多い人は物事のマイナス面を見る癖があるからです。

こんな不景気でも仕事があってありがたい。妻が節約上手で助かるとは思えない。不景気でボーナスが下がって最悪。うちの妻ケチくさいと考える。

常に物事のマイナス面ばかり見てるから愚痴や文句が絶えない幸福度が上がらない。

なぜ幸福度の低い人とは付き合わない方がいいのかハーバード大学の30年以上にわたる膨大な研究で分かった事ですが幸福度は見事に感染するからです。

家族や友達など身近な人の幸福度が高いと自分の幸福度は平均15%高まります。

友達の友達のそのまた友達が幸福度が高いだけでも自分の幸福度は6%アップします。反対に幸福度の低い人と付き合っていれば自分の幸福度も下がってしまう。

これを感染理論という言うんですけど幸福度は恐ろしいほどの感染力があるんです。

ちなみに年収が100万円増えたとしても幸福度はたったの2%しか上がらないということがわかっています。

つまり、愚痴や文句の多い人と付き合っている限り自分の幸福度はなかなか上がらない。

友達をやめるっていうのはなかなか難しいことですけどね。会う回数や連絡を取る回数を減らしていけば自然と関係が薄れてくるはずです。薄情な話に聞こえるかもしれませんが、たった一度の人生、幸福度の低いまま人生を終えるより幸福度の高い人生を生きた方が絶対にいいですよね。そのためには愚痴や文句の多い友達を断捨離する勇気も必要になるんです。

人生がつまらなくなる原因 ➃手を抜く

木村拓哉さんの名言にこんなものがあります。手を抜くほうが疲れるそうなんです。仕事でも勉強も楽しようとして手を抜くと逆に疲れます。

時間も長く感じます。反対に仕事や勉強を楽しんでる人はみんな本気です。

なぜ多くの人がゴルフにハマるのか思い通りに打てないのが悔しくて本気になるから面白いんです。釣りにハマるのも、ゲームにハマるのもこれと全く同じ原理面白いから本気になるんじゃないんです。

本気でやるから面白くなる。そして面白くなるから続くんです。

続くから上達する上達すれば周りからも評価されてますます。楽しくなります。

でここで一人すごい人をご紹介させてください

新津晴子さんいう有名な方なのでご存知の方も多いと思いますが、新津さんは中国からの帰国子女で17歳のときに来日日本語もうまく話せず苦労した末にやっと手にした仕事が掃除のアルバイト

初めは生きるために仕方なく仕事をしていたそうです。

ところがね掃除の仕事は男社会。悔しい思いを何度もしたことがきっかけで本気で仕事に取り組むと決意します。この汚れはどうやったら落ちるのだろう。この洗剤とこの洗剤を混ぜると魔法のように落とせるぞ。

こういう汚れはこのスプレーが一番いい。本気で取り組むうちにだんだん掃除が楽しくなります。ますます一生懸命働くようになりました。

試しに全国ビルクリーニング技能競技会に出場してみるとなんと全国大会で優勝、いつのまにか日本一の掃除職人になっていたんです。そして最終的には羽田空港で約700人の清掃員を束ねるリーダーに新津さんがリーダーになって以降、羽田空港は世界一清潔な空港として毎年のように表彰されています。

すごいですよねどんな仕事であれ本気で取り組めば面白くなる。そして最後には天職になる。

もう一人だけものすごい人を紹介させてください。橋本真由美さん専業主婦歴18年子供が高校生になり、娘の学費の足しになればということでブックオフでパートの仕事を始めました。

時給は600円。ところがここのブックオフ、売上が全然伸びない、このままではつぶれてしまうということで橋下さんは本気で仕事に取り組みます。

どうしたらもっと売れるだろうどう陳列したらいいのだろう。本気で取り組むうちに、仕事が楽しくなってきて、ますます一生懸命働きました。

その結果どうなったのか、なんと橋本さんはブックオフの社長にまで昇進したんです。専業主婦が東証1部企業の社長にまで昇進するということはもちろん稀だと思いますが、それでもね本気で仕事に取り組めば毎日が充実してくる人生が輝いてくるということはおわかりいただけたと思います。

仕事の喜びに職種や学歴が関係ないこともお分かりいただけたと思います。もしも今仕事がつまらないって言うのならそれを解決する方法は楽しくなるまで本気でやる。

これ以外に方法はないと思います。もちろん無理のない範囲でね。それを1年続けてみてそれでもつまんないのなら、転職してもう一度本気で取り組んでみる。

それしかないと思います。よし本気でやろうそう言い切ったとき胸の奥でもう一人の自分が目を覚まします。

本気で仕事と向き合えるようになればだんだんと人生全体が充実してくると思いますよ。

人生がつまらなくなる原因 ➄ネガティブな言葉

先ほどもちょっとお伝えしましたが人の幸福度は一生を通してほとんど変化しないということが研究でわかっています。

今幸せな人は10年後も幸せ。今が不幸な人は10年後も不幸。今が普通の人は10年後も普通。

なぜそんなことが起こるのか物事のプラス面を見るかマイナス目を見るかそれだけの違い。

幸せな人は独身は自由で幸せと言います。でも結婚したらやっぱり二人が幸せっと言います。子供が生まれたら毎日にぎやかで幸せと言います。

反対に不幸な人は独身は寂しい。結婚できたら幸せになれるのにと言います。でも結婚したら自由がなくなった団らんがうっとうしいと言います。

子供ができたら自分の欲しいものも買えないと言います。

幸せな人が駅前で暮らせば駅が近くて最高と言います。郊外に引っ越しても静かな環境で最高駅まで歩けばちょうど良い運動になるといいます。

不幸な人が駅前で暮らせば家賃が高くて騒々しいと言います。郊外で暮らせばこの辺はなんにもない、駅も遠いと言います。

結局幸福度というのは物事のプラス面を見るかマイナス面を見るかそれだけのこと。どんなに豊かになったとしても物事のマイナス面ばかり見ていたら決して幸福度は上がらない。

あそっかじゃあ明日から物事のプラス面を見るようにしよう。そう思われた方も見えるかもしれませんが実は物事のプラス面を見るって意外と難しいんです。

なぜなら人の脳にはネガティビティバイアスというものがあるからです。ネガティビティバイアスとは物事のマイナス面を探そうとする脳の性質。

例えばね花束をもらったとしてもそこにクモがいたら、最悪と思いますよね。

綺麗な花のことはすっかり忘れてクモの方に注意が向いてしまう。これがネガティビティバイアス何かが起きた時に出来事のプラス面を見るというのは簡単そうで難しいんです。

ではどうすればいいのかどうすればネガティビティバイアスを矯正できるのか?

それが言葉なんです。ネガティブな言葉を減らしてポジティブな言葉を増やしていく。

例えば、あー疲れたと言いたい気持ちをグッとこらえて今日もよくがんばったと言う。

踏んだり蹴ったりだと言いたい気持ちをグッとこらえて、これ話のネタになる。残業かー面倒くさいなと言いたい気持ちをグッとこらえてラストスパートだと言う。

突き指をして最悪だと言いたい気持ちをグッとこらえて骨が折れなくてよかったと言う。

せっかくの旅行が雨かぁと言いたい気持ちをグッとこらえて忘れられない思い出になるよねと言う。

このようにポジティブな言葉に言い換えることをリフレーミングというのですが、最初はやせ我慢でも大丈夫です。ぎこちなくても大丈夫です。

意識してリフレーミングを続けていると脳の中にポジティブな思考回路ができてきます。

物事のプラス面に自然と目がいくようになるんです。そうなればもうこっちのもの。つまらない毎日が幸せな毎日に変わります。

将来もずっと幸せでいられます。そういえば俺ネガティブな言葉が多いなという方は是非ともリフレーミングを実践してみてくださいね。

今回のまとめ

人生がつまらなくなる原因は今回ご紹介しました通りです。これらがなくなればつまらない毎日が楽しい毎日へと変化してくるはずです。

きっと人生も上向いてきます。自分の将来を決めるのは今までの自分ではなくて今日からの自分です。

心当たりのある方はぜひ、今日から人生がつまらなくなる原因を排除して、今よりもっと楽しい人生、胸躍る毎日を手に入れてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました