早くきれいな文字を書くコツ!!これだけ意識すれば職場で一目置かれる!?

社会福祉士

1 文字の大小を意識する

漢字、ひらがな、カタカナの大きさに注意をしていきましょう。

漢字 > ひらがな・カタカナ  ひらがな・カタカナより漢字を大きく書きましょう。

こうすることによって文章の文字のバランスが良くなります。

雑な文字でもきれいに見えます。メリハリがつくことで見え方が変わります。

オリジナルボールペン

2 2つの空間を意識する

ズバリ2つの空間とはなんなのか?

1つ目は、字間 字の間隔  2つ目は行間になります。

もちろん丁寧に書くことがいいんですが、自分用のメモであったり伝言になるとそうはいきません。

字間も大切ですが、例えば、新聞、椅子など名詞を固まりと捉えて、固まりの間隔も一定にすると麗に見えます。

目安は文字の3分の1くらいの間隔をあけてあげるといいと思います。

行間もまっすぐになるように心がけると非常にバランスよくみえます。

早く書く場合も最初に文章全体のイメージしてから書き始めると「字間、行間」は整いやすくなります。

コツは文字の中心線を合わせることか下線を合わせることでまっすぐバランスの良い文章になります。とにかくぶれないように軸をつくるようにしましょう。

行間をそろえるなら、下の行も同じように中心線で合わせたなら中心線で、下線で合わせたなら下線で合わせましょう。

早さにメリハリをつける

早い中にも、書き始め、止め跳ね払いはしっかりしましょう。

ポイントだけでも丁寧にするだけで、ミミズが張ったような字ではなくなります。

プレゼントでも人気のオリジナルボールペン

まとめ

本質的に字をきれいに書きたい人にとっても重要な3つのポイントなので、意識して練習すると上手くなりますので、今後の仕事に繋げてみてください。

配っても、売っても、プレゼントにもオリジナルボールペン

コメント

タイトルとURLをコピーしました