雨上がり決死隊の解散!!感想を語ってみた

生活・社会

動の宮迫博之、静の蛍原徹

二人は非常に対照的だ。

雨上がり決死隊のお笑いとしての成功はやはり、宮迫博之の力だろう。

トークでの面白さ、動き等雨上がりの頭脳は宮迫だ。

推進力も非常に強い。



YOUTUBEの活動を見ても、蛍ちゃんには同じことはできないだろう。

しかし、元々トラブルを起こさないのが蛍ちゃんのすごい所だろう。

成功にも天狗にならずに、トークのスキルや突っ込みの技術をコツコツ積み上げ、

後輩に助けてもらってはいるが、アメトークを一人で仕切れる技量は確かである。



今回の解散は宮迫という才能との決別にあった。

今までは宮迫のおかげでここまでこれたと感謝していたし、雨上がりは宮迫のものだった。

なので、1人YOUTUBEで活躍する宮迫をみて、雨上がりは空中分解してしまった。

雨上がりは蛍ちゃんのものではないのだから。



最後のアメトーク特別編をみて、蛍ちゃんが宮迫の才能に魅了されていたことがわかる。

2年ぶりに見て、登場シーンでやはりしっくりきたのは間違いない。

アメトークが帰ってきた。

こんな機会を作れる加地EPは意気だと思う。

そして、宮迫さんがYouTubeで成功を収めたからこそ実現した、ここまでこぎつけた宮迫さんはやはりすごいの一言である。


松本人志は、人を笑わせる人から、人をみて笑う人になってしまった。

笑いの作曲家は、先生になってしまった。

宮迫さんは人を笑わせる芸人だ。さんまさんもそうだ。

だから私はあの二人に惹かれる。

プレイヤーとしての力を見せてくれるお笑い芸人。

ネタで面白い人も好きだが、アドリブで笑いがとれる、トークで笑いが取れる芸人。

本当にすごいと思う。

雨上がり決死隊のお二人本当に32年お疲れ様でした。

あなたたちの姿をみて私も嫌なことを笑って頑張ります。



コメント

タイトルとURLをコピーしました