【社会福祉士国家試験の対策講座】 ソーシャルワーク実践のアプローチ!!

社会福祉士

はじめに・・・

ここは、カタカナの人名が並び、1問出るか出ないかの所だが、最後の合格点に届く1点にもなりえる。なぜなら、難易度が高く他の人が間違えている可能性が高いし、わかれば確実に点が取れるところだからだ。

前のブログでも話した通り、結局は、受験者数の30%以内に入れるかどうかの国家試験なので、相対的に頭一つ出るためには、こういった細かい所の理解が必要になってくる。早速始めていこう。

はじまりはリッチモンド

※ケースワークの母、リッチモンド 著書『ソーシャルケースワークとは何か』

1910年代、ケースワーク理論を体型化した正に母だ。ここから色々な子供たち(考え方)が文字通り生まれるのである。

それに対してグループワークを体系化したのが、コノプカ、トレッカー、コイル等が挙げられる。

リッチモンドからまず2つの学派に派生(治療モデル)

 

①フロイトの精神分析理論が基盤の診断主義アプローチ 人名:トールとハミルトン

1920年代 キーワード:治療モデル

↑(批判)

➁ランクの意志心理学が基盤の機能的アプローチ 人名:タフトとロビンソン

1930年代 キーワード:機関の機能に着目

 

①と②を統合を試みたのが ③問題解決アプローチ 人名:パールマン

1950年代 キーワード:折衷アプローチ、部分化

ジャーメインの生活モデル時代

①の後継者→ ④心理社会的アプローチ 人名:ホリス

1960年代 キーワード:状況の中の人間

➁の後継者→⑤エンパワメントアプローチ 人名:ソロモン

1970年代 キーワード:抑圧状況の認識し改善、潜在能力への気づき

1960年代~1980年代 派生組

➅危機介入アプローチ 人名:キャプランとリンデマン

キーワード:短期処遇

⑦課題中心アプローチ いいとこ取り③④⑧の影響を受ける。

人名:リードとエプスタイン

キーワード:短期処遇、折衷アプローチ、今・ここでの重視

⑧行動変容アプローチ 人名:スキナー、バンニューラ

キーワード:社会生活技能訓練(SST)、学習理論

⑨ナラティブアプローチ 人名:ホワイト

キーワード:例外探し、語り、ストーリー、対話、社会構成主義

⑩解決志向アプローチ 人名:バーグとシェザー

キーワード:ブリーフセラピー(短期療法)、ストレングス

⑪フェミニストアプローチ

キーワード:女性、男女、差別

1960年代~

人名:ジャーメイン キーワード:生活モデル

人名:ラップ、ゴスチャ キーワード:ストレングスモデル


最後に・・・

歴史や流れで覚えていくことで、少しづつ分かってくると思います。5択の問題なので、人名、キーワード、アプローチの名前だけで、〇×が判定できます。確実にやれば点数が取れる所なので押さえておきましょう。

問題の出し方の法則としては、×の所に他のアプローチの説明が書いてあることが多いので、反対に×が一つ分かれば、反対側のアプローチの内容が分からなくても×であるという事です。

完璧に覚えようとせずに概要だけつかんでおきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました