【認知症になりやすい口癖】最近、ボケてきたなと感じたら・・・気をつけないと本当にボケますよ!!

お悩み

はじめに・・・

私は20年、医療、介護業界に勤めてきました。20年で高齢者の気質もかなり変化してきたと思います。

自己主張の強い人が増えましたね。男の人も増えてきました。

今回はこんな口癖を言っている方が認知症になりやすいですよ

というお話をしていきたいと思います!!

その口癖は2つあります。

そのあたりの認識がないと周りが真剣に怒ったり、何度も言ってるのにーと感情的になってしまいますよね。
近隣の人が認知症になったら、病気の一種なので、感情的にならないようにしましょう。
体の中から悩みを解決☟

認知症になりやすい人の口癖

その一つ目の言葉が、『もう歳だから』です。逃げの言葉で、言ってしまいますよね。何かすぐに覚えられないとき、言葉が出ないときにさっと言ってしまいますが、これがNGワードです。

年だからっていうくくりで考えてしまう。ともうそこからは一切ですね変化してこうとか新しいことを学ぼうっていうような考え方にはならないんですね。←この時点で意欲低下、脳機能が低下見られているんです。

この年だからっていうのはただの言い訳です。いくつになっても変化する方は変化します。変えようと思えば変えることはできるですよね。

長年の習慣でも、ご自身の気持ち次第で変えることはできるんですが、この年だからっていう言い訳はその可能性を全くなくしてしまいます。

今日からは『年は関係ない』に口癖を変えましょう。

サプリメントで若さや意欲をキープ☟お手頃だから継続しやすい!!

継続しやすいお手頃価格のサプリメント専門店



そして2つめの言葉は何かというと『そうは言ってもさー』です。

例えば、食事について説明するときに毎朝パンを食べるのはやめたほうがいいですよっていうようなお話しさせて頂くとしましょ。

わかりますよ、長年培ってきた習慣ですもんねー。どんなにそれが間違いであっても煙草もそうですよね、やめられないわけです。

頑固になっているとも言えますよね。

この2つの言葉意外と使っている方が多いので気をつけていただけたらなぁというふうに思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました