職場人間関係がうまくいく!! 女性の職場で働くあなたへ

お悩み

はじめに

私は女性の多い医療現場で20年働いてきました。

専門学校が整体系の学校だったので、リハビリ助手としてはじめは病院に就職しました。

しかし、整体は医療保険も使えないし需要がないんですね。正直。

そして、理学療法士が新たに就職したのをきっかけに、介護の方で働かないか?と言われました。その当時は3年働いたら介護福祉士の受験資格がもらえるから、せっかくだし続けようと思い、介護福祉士を取りました。

そしたら、後5年働けばケアマネの受験資格がもらえるというではないですか、まあせっかくだしと思い、ケアマネの資格も取り、

ケアマネとして働き始めると、4年したら社会福祉士の学校に通信で行けるというではないですか。

というわけで、現在は社会福祉士まで取って、もうお腹いっぱいです。

そんなわけで、男が少ない職場で働いてきて色々人間関係でやめていった人や、自分も悩んだりしたので、どう、その中でやっていったのかをブログに書こうと思います。

まずは自分

人の事を気にする前にまず自分ですよね。

一番大切なことは、イライラしないこと、しても表面にださないことですね。

アンガーマネジメントとか最近はいいますけど、

アンガーマネジメント入門
私は昔から思ってました。特に医療現場はピリピリしている人、ヒステリックな人が多い中で、
そことどう向き合うかは非常に大切だと思います。
心の修行ですよ、ホントに。たまにありのままに生きるとか、感情を吐き出せとかいう人がいますけどあれは嘘ですよ。
負の感情、特に怒りは必要ないですね。同僚に対しても、もちろん利用者さんにとってもいいことはないですよ。
後は仕事ができるようになること、職場での人間関係では人間性よりも、できない奴はやっぱり疎まれますよ。
一緒に仕事して苦痛ですもん。
まず仕事を一通り覚えて、そこで能力を高めるようにしていくことです。色々失敗すると思うんですけど、最善を尽くして失敗するのと、ドジで失敗するのとでは訳が違いますから。
ミスを恐れないでチャレンジするとかありますけど、それはある程度できるようになってからすることであって、初めはミスを恐れてやってください。



プライドなんて屁にもならない

女性の職場でプライド高いやつ嫌われますよ。いじられ役、聞き役に回ってください。
特に年上には余計なことは言わないことですね。
優しい包容力がある人には、どんどん冗談言ってもいいですけど、年上のプライド高そうな人には話を聞くことと、挨拶、返事をハキハキしとけばいいですよ。
相手は自分を出したいだけなんで、冗談の通じない年上は、退職するまで待ちましょう。

本当に苦手な人には近づかない

これは、人によるんですが、私は苦手で、話にならないヒステリックでプライドが高く、話を聞けない人にはなるべく距離をとり、仕事の話ししかしないようにしてますね。
その人の事で嫌な思いしたり、イライラしたりしている時間が無駄ですから、なるべく関わらないことをオススメします。
対立とは違いますよ、そこは注意してください。伝わるとは思いますけど、当たり障りなく接することです。

自分の見たもの、評価しか信じない

元日本代表の内田篤人の本じゃないけど
自分との対話や雰囲気、仕事を一緒にして感じたことをだけを信じた方がいいです。
噂するのが好きな人、避難する人、評価したがる人、色々女性の職場はあると思いますが、そこは信じず、自分の評価を信じた方がいいです。
そうしないと、必ずその人の事、色眼鏡でみてしまい、良い人間関係は結べないからです。
自分がこの人とは気が合うなとか、仕事できるなという感覚を大事にして仕事したほうがいいです。

 

やはり上司には敬意を・・・

やはり経営者、管理者等にしかわからない苦労が必ずあるはずです。

なので、なるべくなら上司の人間性がよい職場で働きたいです。

尊敬したいので・・・

このご時世なんで尊敬できない上司がいるところでは、働かなくてもいいかなと思います。

できれば、この人についていきたいなと思えるところで働きたいですね。

生きづらい原因はなんだろう? 人生の明るい扉が開く!! 7つの習慣

最後に・・・

私は結局は自分次第かなと思います。
どこの職場にも嫌な人間はいますし。自由にやりたければ起業する等ありますけど、
そんな人はこのブログは読まないでしょう。
イライラしないこと、無駄なことを考えない事を意識したらうまくいくと思います。
無駄な事というのは相手がどう思っているかな?とか、こんな風になってしまったらどうしようとか?考えてもどうにもならないことです。
考えて相手の心が読めれば苦労しないし、不安になってもなるものはなるので、気にしない事ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました