人生が変わる!!3つの魔法のことばを教えます!!

お悩み

はじめに・・・

私は、病院の地域医療連携室に努めている社会福祉士です。

 

精神保健師の人に、『なんか人生が劇的に変化することないかなー』と愚痴をこぼしていると

 

『人が幸せを決めるのは、心!!思考だよ』

 

心が変われば、その日その場で人生は劇的に変化するものだよと教えてくれました。

 

なので、今回のテーマは人生が変わる3つの言葉にしたいと思います。パチパチ



言葉のチカラ

たかが言葉なんですけど、面白いもので私たち人間は、良くも悪くも言葉通りに人生が変わっていくものだと思いませんか。

 

思い返してみてください。

 

例えば親から『だらしない子ね』と言われていると、『僕はだらしない人間なんだ』と思い、自分のイメージを作り、本当にだらしない人間になっていくものです。

 

本当はだらしなくなかったのに、神経質な親だったからなのにです。あなたは何にも悪くありません。

 

逆に『しっかりしているわね』と言われて育った子は『しっかりしている』とセルフイメージが付きしっかりしていくのです。

 

たいしてしっかりしてなくても、寛容ないい所を見つけてくれる親だったんでしょうね。

 

怖いですね。言葉のチカラは。

 

数学が苦手と思っているとほぼ間違いなく数学が苦手になっていきますが、今はまだ数学が苦手と言い換えたら、いつかは数学ができてくるようになってきます。

言葉ほんの少し変えるだけで、セルフイメージが変わり、自分の未来も変わってきます。



人生が変わる魔法の3つの言葉

1.自分を好きになる言葉
自分に満足している人、自己肯定感が高い人が日本人は欧米に比べると少ないようです。
自分を好きになれないってつらいですよね。
原因は?
理想の自分と現実の自分のギャップにあります。
ダメだダメだと思うほど、逃げ癖がついて本当にダメな自分になってしまう。
そしてまた理想の自分とのギャップが開いてしまう。
そんな悪循環を止める魔法の言葉は、
『これでいいのだ、このままの自分でOK』
どんなことがあっても、暇があったら言う。オッケーオッケーまだ道の途中と言う、思う。やってきましょ。
できれば声に出していきましょ。人がいればメモ帳にでも書いて、潜在意識に刷り込んでいきましょ。
『自分がいかにくだらない人間か』という事を思い知ることで、スーット楽になれるんじゃないかな。たしかにそれがわかると、、一度はドドドーンって落ち込むけどね。すぐに立ち直って、明るくなっちゃうんだよ                 タモリ

 

赤塚富士夫ですよ。『これでいいのだ』天才バカボンです。
受け入れることはつらいし、難しいですよ。でも自己受容しなければ何も始まらないじゃないですか?
私は太っているんだからダイエットしようとか、ここができてないから勉強しようとか、こういう風になればこっちのものですね。
2.人の目が気にならなくなる言葉
日本人に多い、セールスが断れない、食事で食べたいものがあるのになんでもいいよとか、したくもない洗濯を毎日やらされたり、
理由は、人に嫌われたくないなら・・・
自分を押し殺してしまっている。
ストレス溜まりますよね。そんなときに魔法の言葉
『悪いけど』
悪いけど、今日は食事やめておきます。悪いけど、先に帰らせていただきます。
自己主張をしていく癖をつけていきましょう。
そうしていると環境がみるみる変わっていきますよ。
反対にその人の個性が出て、本当に必要な人が、残ります。
そして、人に好かれるんですよ。どういう人間かわかってもらえるから。
何考えているかわからない、不気味な奴と思われて、自分を押し殺して、
生きていても意味がないですよ。
3.幸福度を上げる言葉
悟りの境地ですね。
感覚の話ですから難しい。
一人では何にもできないという話です。
トイレだって誰かが綺麗にしてくれているから、外でできるわけです。
もちろん着工した人もいますよね。
素材を持ってきた人もいりますよね。
他のこともそうです。誰かがやってくれているから私たちは生きていけているんです。
ほとんどが他力、自力では何もできない。
その想像力が必要です。
その瞬間、やったこと全て自力は0.1%ってとこでしょう。
お互い支えあっている。恩返ししていこうと思えるかですね。
『ありがたい』
全てに感謝し、ありがたいを1週間続けるだけでも変わってきますよ。

まとめ

言葉は未来に関係してくる。
起きたことは変えられない。
簡単なことです。3週間は続けましょう
人間は定着するのに3週間はかかるそうなので、
やってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました